庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

りんごがたべたいねずみくん」 大人が読んだ みんなの声

りんごがたべたいねずみくん 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年05月
ISBN:9784591004739
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,348
みんなの声 総数 83
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の能力を生かして

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    ねずみくんシリーズ第2作。
    他の作品と違って右開きなのが少し新鮮です。
    上をながめる展開なので、文章も縦書きがいい、というレイアウトでしょうか。
    ねずみくんは高い木の上のりんごがほしいのです。
    他の動物たちは、それぞれの特性を生かして難なくりんごを取るので、
    ねずみくんはうらやましいばかり。
    ところが、最後にやってきたあしかくんが素敵なことを教えてくれます。
    なるほど、これはいいアイデアです。
    発想の妙ですね。
    前作で映えた赤色が、今回はりんごで印象的です。
    自分の個性をもっと見直したら豊かな心持ちになれることを教えてくれるような気がします。
    案外、思春期の子どもたちにもよさそうな気がしました。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    4
  • アシカくんに会えてよかったね

    シンプルな絵の中で、ねずみくんの表情や動作がわかりやすいです。
    おおきなリンゴの木になっている赤い実を見つめるねずみくんと、次々とやってきて得意な方法でりんごを1個づつもらってゆく動物たち。
    見ている私も、あ、また1個減った!とネズミ君のことが心配になりました。
    でもラストにやってきたアシカ君。
    なるほどね!よかったね。と納得しました。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実はこのねずみくんシリーズの本って

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    絵も文も限りなくシンプルだけど、物凄く物凄く考え抜かれて作られた作品群なのではないかなと思うのです。その証拠に、毎回オチが秀逸。何々のようだったらな、と頑張って真似してみるねずみくんの表情や動きもまた素晴らしい。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくんの絵本

    林檎の木に、林檎が8個生っています。林檎が食べたいねずみくんですが、ねずみくんにはどうやっても林檎を手にいれることが出来ません。次々に動物がやってきて、林檎が1っづつ減っていきネズミ君の悔しい思いや焦る気持ちが伝わってきました。人は夫々に特技を持っているなあって思いました。あしかくんがやってきて二人で協力して林檎を手に入れることが出来たねずみくんにほっとしました。白黒に林檎の赤色がとても映えていてエメラルド色の縁取りに、右側のエメラルド色がとても素敵な絵本でした。ねずみくんの絵本をもっと読みたいと思いました。

    掲載日:2011/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうする、ねずみくん。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    赤いりんごのみがなっている木を見上げているねずみくん。
    そこへ、鳥がやってきて、りんごをひとつとりました。
    ぼくにも、つばさがあったらなあ。
    今度は、さるくんがやってきて、りんごをひとつとりました。
    ぼくも、きのぼりができたらなあ。

    その後も、次々に動物がやってきて、りんごをとっていきます。
    そのたびに、ねずみくんは、こんな風にできたらいいのにと、ないものねだり…
    その時の表情、仕草は、面白くてたまりません。
    さてさて、ねずみくんは、りんごを食べることができるのでしょうか。

    それぞれの動物の特徴をよく捉え、いつものくり返しのパターンのなかで、子どもたちも、あれこれ予想をして、喜んだり、はずれてがっかりしたり、いろいろな反応を楽しむことができると思います。
    優しい色遣いも、ちょっぴり、心癒される素材になっています。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「りんごがたべたいねずみくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット