だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

くんちゃんのはたけしごと」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

くんちゃんのはたけしごと 作・絵:ドロシー・マリノ
訳:間崎 ルリ子
出版社:ペンギン社
本体価格:\950+税
発行日:1983年
ISBN:9784892740220
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,929
みんなの声 総数 39
「くんちゃんのはたけしごと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供も覚えていきますよね

    パパの畑仕事を手伝うくまのくんちゃん。すること全て、ちょっとずれていて全然ダメ。パパに叱られてばかりですが、後半はちゃんと覚えて、正しく対処します。

    叱って終わりにするのではなく、叱って教えたらまたやらせてみる、という親の姿勢を親がおそわれる絵本でした。子供にも、学びになる一冊です。農家の親子には特におすすめ。

    掲載日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後にはちゃんと!!

    • カヅオさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    「くんちゃん」シリ−ズは「くんちゃんはおおいそがし」から読み始めました。
    なかでも年長の娘がお気に入りなのは、この「はたけしごと」です。

    絵はどちらかというと地味目なのですが、繰り返しっぽく話が進んでいくところが子供には面白いらしく、加えてこの「はたけしごと」では
    ひとつひとつお父さんの真似をしているつもりのくんちゃんが、畑でやってはいけないことを繰り返していくところもツボのようで、ケラケラ笑いながら楽しそうに聞いています。

    ただこの本のステキなところは、最後にくんちゃんがじっとお父さんの畑での様子をひと通り見たあと、きちんとひとりで畑仕事をこなすところにあります。
    これは、母である私が感嘆。
    あれダメ、それ違う、と口を出した挙句にやらないようにわが子を諭してしまう自分の現実と正反対の結果がそこにありました。たとえ時間はかかっても、子供はちゃんと見て理解していけるのでしょうね。
    娘もそんな1人前のくんちゃんを少し誇らしげに見入っている様子でした。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くんちゃんのはたけしごと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / だるまさんが / ちょっとだけ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット