しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ピーターラビットのおはなし」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ピーターラビットのおはなし 作・絵:ビアトリクス・ポター
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2002年10月
ISBN:9784834018554
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,560
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一番有名なお話しだと思います

    昔、子供たちと何回も読んだお話です。
    フロプシーとモプシーとカトンテールは、お利口にしているのに、
    ピーターと来たらダメと言われたマグレガーさんの畑に直行です。
    お父さんがひどい目にあったというのにね、、、。
    そして、案の定大変なことになりました。
    なみだをこぼしているピーターをみたらかわいそうでなりません。
    でも冒険の末、無事に懐かしい我が家にもどれてよかったです。
    お母さんがこのことを知ったら嘆くでしょうね。
    うちにも、とても古い、青い上着のぬいぐるみがあります。
    上着を取り返してからのピーターです。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖がって途中までしか読んでいません...

    いつもグッズなどで親しんでいたピーターラビットの
    お話を初めて読み聞かせました。

    大好きなウサギが所によっては食べる所があると
    以前話した事があるのですが、この話でもピーターの
    お父さんがパイになってしまったと聞いて相当
    ショックを受けたようです。

    マクレガーさんの畑で野菜を拝借して、マクレガーさんが
    怒って追い立てるのは分かっていても、もし捕まったら
    パイにされてしまうかもと思うと、先を読みたがりませんでした。

    人間だっていろんなモノを食べている(ウサギを食べる人だけ酷い?)
    住む所や文化によって食べるモノも様々だけど、
    何にしても命を頂くのだから残さないようにありがたく頂く
    と話しても最後まで読めませんでした。
    いつか分かる日が来ると思うし、絵や話の素晴らしさを
    是非分かって欲しいので、時期をみて又読んでみたいと思います。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 衝撃の事実!

    娘が2歳ごろから読んでいたのは、正方形の小さな小さな絵本で、文章自体は原文のままだったのですが、ところどころ文章が省いてあったり、何ページかはページごと抜けていたりする部分がありました。その中の1つが、“He was put in a pie by Mrs. McGregor.”というページで、ピーターのお父さんがマグレガーさんの畑で捕まり(撃たれ?)、奥さんにパイにされてしまうという場面なのですが、さすがに、この事実を知った娘は、かなりのショックだったようで、何度もいろいろと聞き返してきました。でも、これで、お母さんが「マグレガーさんの畑にだけは行っちゃいけませんよ」と念を押すわけも納得できたようです。
     “Their names were Flopsy Mopsy Cotton-tail and Peter.”という箇所では、必ず娘もいっしょになって声に出し、4匹の名前を呼ぶのを楽しんでいます。文章全体にもリズム感があり、ドキドキ感がさらに高まっていくように感じ、子どもの胸の高鳴りと共に、ピーターの世界へと引き込まれていきます。

    (編集部注:洋書版「The Tale of Peter Rabbit」に寄せられたレビューです。)

    掲載日:2009/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 画集みたい

    すごく有名なピーターラビットですが
    私は恥ずかしながらお話を知りませんでした^^;
    すごくいたずらっこのピーターが畑の野菜をめぐって
    畑の持ち主のマクレガーさんに追いかけられたりっていうお話に
    改めてなーるほど!と思いました。
    ピーターラビットのグッズとか割と我が家にはたくさんあって
    描かれたピーターのイラストがこの絵本の中にふんだんに使われてあって
    私にはとてもおなじみの画集を見ている感覚になりました。
    あらためてイラストとお話を読んで納得。
    この絵はこういうお話の一場面なんだ・・・と合点がいったとき
    ピーターのキャラクターは今までよりも数倍私の中で
    イキイキとしたものになりました。
    このシリーズ、もっとたくさん読んで行きたいと思いました。

    掲載日:2008/11/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピーターラビットのおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット