貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ももたろう」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ももたろう 作:代田 昇
絵:箕田源二郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784061323070
評価スコア 4.22
評価ランキング 16,617
みんなの声 総数 8
「ももたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 半分このきびだんご

    息子が、鬼の絵本が読みたいと言い出したので、それならと思い、『ももたろう』を数種類借りてきました。

    有名な昔ばなしは、細部の異なるものが多数出ているものだと思いますが、この『ももたろう』も私が知っている話とは随分違いました。

    まず、桃は「どんぶらこ」と流れてくると信じていたのに、この絵本では「つんぷかかんぷか」流れてきます。また、成長した桃太郎は普段はとても怠け者とのこと、これにも驚きました。さらに、お供の動物たちにきびだんごを半分だけわけてあげています。それも3個しか持っていかなかったからのようです。私はきびだんごはたくさん用意し、1個丸々分けてあげたと思っていたので、この点も新鮮でした。

    細部の違いはあまり気にならなかったのですが、文章が読みにくいのが難点でした。方言なのかもしれませんが、かなり普段使う日本語と違うので、私も理解するのが難しいほどでした。息子はきょとんとしていました。やはり言葉が難しくて理解できなかったのではないかと思います(桃太郎の話自体は保育園ですでに知っていたようなので)。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ももたろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット