もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

きみなんかだいきらいさ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

きみなんかだいきらいさ 作:ジャニス・メイ・ユードリー
絵:モーリス・センダック
訳:こだま ともこ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1975年
ISBN:9784572002082
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,534
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大好きさ

    喧嘩しちゃったけれど、やっぱり大好きさと立ち直りが早いのも微笑ましかったです。仲良しなんだけれど、喧嘩してしまうのはやっぱり仲良しなんだから仕方がないことなんだもの・・・・・そんなお友達がいるってとても幸せなことだと思います。お友達っていいなあって思える絵本です。

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達に置き換えてやるといいかも

    3歳0ヶ月の息子に読んでやりました。いつもけんかをしてしまうお友達と息子に当てはめて、本を読んでやりました。すると、よりぐっと身近に感じるのか、見入っていました。もちろん、中にはまだやったことがないこともたくさん出てきましたが、同じ様なことは起きているので、客観視することはできたみたいです。しきりに自分とお友達のことでお話してくれました。

    この本を読んでやったからといって、お友達とけんかしなくなるわけではないと思いますが、ひとつのきっかけというか、けんかしないで仲良くしようねという話題に持っていくことができるので、おもしろい本だと思いましたよ。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良し2人

    仲良しでもケンカする事あるよね、でもいつのまにか仲直りしているのって良くあること。
    子供は昨日ケンカしたと思ったら今日はまた仲良さそうに遊んでいたり、親もあまり心配せずに見守っていたいですね。
    仲良しの子供の様子を上手に描いている絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の友だち

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    いじわるしちゃう男の子を大嫌いになっちゃう男の子。
    その場は、大嫌いになってもう絶対遊ばない!って
    思っても、子ども同士は、また仲良く遊べちゃう!
    子供の力ってすごいな〜って思います。

    絵本の大きさが、子供が持ち運ぶのにちょうどよい
    コンパクトサイズだし、男の子に読んであげるのに
    ピッタリの作品です。

    うちの子にも、一緒に怒ったり泣いたりしても仲直りして
    遊べるお友達が一人いるので、この本を読んでいると
    2人と重なって、微笑ましいです。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かるのかな?

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    小さくてかわいい絵本です。
    いっつもいっつも仲良しのお友達がちょっとしたことでけんかをしてしまい、でもやっぱり好きだから仲直り、というおはなし。
    ちょうど上の子がお友達を意識し始め、保育園でも「○○ちゃんが好き」とか言い始めるころに読んだのでとっても気に入った様子でした。好きだけどけんかしてしまう、そんな気持ちが分かるのかな?
    いつものとおり二人の名前をうちの子と仲良しのお友達に置き換えて読んだのですが、絵本では二人とも男の子なのでちょっと苦しかったです。

    掲載日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔を思い出しました

    なんか昔を思い出すなあ。○○君嫌いや〜とかよう言ってたなあ。けどすぐ仲直りしたなあ。そんなのを思い出しました。ところが数十年後、凝り固まってしまった自分がいる。一度ケンカしたりするとなかなか謝ったり、もう一度距離を近づけようとするのが面倒くさくなって。嫌いながらもとりあえず家に行く、この主人公とは違って、寄り付かなくもなって。そんな自分になってしまいました。息子よ、すぐ仲直りするんやで、友達は大事にするんやで。そうした事を教えると同時に、自分にも言い聞かせる絵本やったような。もう一回あの頃を思い出して、カミサンとケンカしたら、すぐ謝るようにします。そう誓った絵本。

    掲載日:2009/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かる分かる〜

    子供って仲がいいほど喧嘩するんですよね。でもいつまでも引きずらず、すぐ機嫌が良くなるから不思議。息子も分かる分かるって顔をしながら読んでました。分かってないのかも知れませんが。幼稚園に通い出して3ヶ月、今のところまだ大げんかはしてませんが、そのうちあるんだろうなあ。その時にこの本を思い出してくれたら。
    ちなみに私は「なかなおり」って本の方が好きです。「きみなんか」の方は仲直りの仕方が突然すぎて。でもラストシーンがステキなのはどっちも一緒!

    掲載日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きみなんかだいきらいさ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット