もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

きみなんかだいきらいさ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

きみなんかだいきらいさ 作:ジャニス・メイ・ユードリー
絵:モーリス・センダック
訳:こだま ともこ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1975年
ISBN:9784572002082
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,534
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息子と息子の親友そのまま!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    5歳の息子にはいつも一緒の親友がいます。
    保育園ではもちろん、週末も一緒に遊び、
    時にはお互いお泊りまでし合う大親友。
    でも結構喧嘩も多いんです。

    「もう俺んち来るな!」とか
    「もう一緒に遊ばないもんね!イーだ!」とか。

    そしてひょんな事から親も気づかないうちに
    いつの間にか仲直り♪

    この絵本はまさにそんな息子たちそのもの!
    表題に惹かれて図書館から借りてきましたが、
    よく見ると見たことあるような絵。
    センダックの作品だったことに
    読んだ後に気づきました。

    喧嘩ばっかりでもやっぱり大の仲良しの二人。
    そんな友達をもつ子供たちに
    ぜひお勧めしたい一冊です。

    掲載日:2012/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友達っていいな

    シンプルな絵と言葉で、小さな子供同士の友情が抱きしめたくなるほどいとおしく描かれています。子供の友情って損得じゃないんですよね。何度読んでも笑顔になってしまいます。「お友達」を意識しだす年齢のお子さんには、おすすめです。友達っていいな、と思えるお話です。
    ストーリー自体は短く、1ページに1行しかなくって、すぐに読めてしまいます。絵本が苦手な男の子に特にお勧めです。

    センダックさんのシンプルな絵も良かったです。
    子どもが大きくなっても、大切にとって置きたくなる一冊です。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲直りなんて簡単さ!

     僕とジョーンズはとても仲良しだったけど,けんかをして大嫌いになってしまった。

     僕が,ジェームズを嫌いになった理由が,細かく語られます。あんな事・こんな事・・・。どうしても,「大嫌い」と言わないと気が済まなくなったジョンは,ジェームズに会いに行きます。

     最後に,二人は仲直りします。どうやって?それは,絵本を読んでのお楽しみですが,よく考えると,自分が子供の頃も,こんな感じだったのかなと,懐かしく思い出されます。

     14センチの小さな絵本ですが,最後にはみんな笑顔になってしまう楽しい作品です。

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものケンカ

    仲良しの友達とケンカをして、でも、ふとしたきっかけで仲直りをするお話です。

    伝えたいことが、シンプルな絵と文章でまとめられていると思います。

    「友達と仲良く」と、大人から子供へ伝えたいメッセージが込められている絵本なのですが、気になる点がひとつ・・・

    「クッキーを わけてやった」
    「かさに いれてやった」
    などのように、上から目線で「友達になってやった」みたいな印象をうける文なのが、ひっかかりました。

    友達って、対等な関係かと思いますので・・・

    掲載日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケロリ♪

    5歳の息子は、生意気盛り。
    人のあげ足を取ったり、ぐぐぃと睨みつけたり、
    何だか分からない文句を言ったり、捨て台詞を吐いたり・・・。

    でも、ふっとしたところで、急に元に戻ったりするんだよねえ。

    これは、対親のわたしとの闘いですが、お友達とはこの絵本みたいな
    感じになっているんだろうねえ・・・。

    とは言え、当の本人は認識してないみたい。
    読み終えた後、絵本のボクの急な変わりように「?」と戸惑っていました。
    いやいや、君だってそんなだよ!

    掲載日:2010/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちを求める自分の心

     コンパクトなかわいい絵本です。
     赤をベースに、緑と黒の三色で描かれています。
     主人公はジョン。友だちのジェームズとのことを語っています。
     
     ジェームズはなかよしの友だちだった。けれど今日は違う。
     ジェームズはいばりやで、いいとこどりで、けちで、乱暴で、…。
     ぼくは、ジェームズの家へ行って、……。

     こどものけんか、おとなはすぐ仲直りをさせようとしますが、こどもは、わかっているんですよね。ともだちを求める自分の心。

     当時5歳の息子は、幼稚園でちょっとパワフルな子がいて、接し方にこまっていました。この本を渡すと、「○○くんはジェームズそっくりだ。」って口をとんがらせていました。絵本のジェームズに向かって、ジョンよりもひどい言葉を掛けてました。『おう、けっこうたまっているな。』っておもいましたけれど、卒園のころには、やっぱり仲良しに戻っていました。

     こどものけんかは、言い分をきいてやっても口は出すまいと思いました。

    掲載日:2009/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きみなんかだいきらいさ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット