もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

わたしのワンピース」 大人が読んだ みんなの声

わたしのワンピース 作:西巻 茅子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784772100182
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,000
みんなの声 総数 414
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お花に、雨に、小鳥に、虹に

    初めはまっしろなきれで作ったワンピース。
    古風な黒いミシンがカタカタなるのも、やさしい感じ。
    そして、白いワンピースは、周りの色にあわせて、順番に
    模様を変えてゆくのがすてきです。
    お花に、雨に、小鳥に、虹に、、、。
    かわいらしい絵本で大好きです。

    掲載日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりいい

    何十年ぶりに読んでみましたが、やはり、いくつになっても心がはずむような絵本です。シンプルな造形の絵が、心をつかんではなしません。
    言葉も声にだして、音を楽しみたくなる。ひとり読みながら、大好きなあのフレーズを、つい口ずさんでいました。
    年月がたってもちっとも古びない。絵本ならではの楽しみがいっぱいつまった絵本です。

    掲載日:2015/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真っ白いワンピースが景色に染められていくお話です。
    ふわっとしたタッチの絵本は子供がお気に入りになりそうですね。
    お花畑いっぱいのページは大人が見てもワクワクをそそります。
    服を着るのが楽しくなったり、お散歩の時にラララン・ロロロンとウキウキ散歩ができそうです。
    2ページにわたっての小柄な模様がいっぱい入ったページがかわいい絵本です。
    男の子向けではないかもしれませんが、女の子は喜びそうです。

    掲載日:2014/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢いっぱいのワンピース

    綺麗な景色をそのままワンピースの模様にしちゃうなんて…

    女の子ならみんな憧れますよね!

    お花畑や虹色、水玉、どれも可愛いです。
    でも私の一番のお気に入りは、お星さまの模様。
    星で染まったワンピースを着て、ふわふわ夜空を飛べたら、どんなに素敵だろう…。

    真っ白なワンピースが次々に色んな模様に変化していくのが、とっても楽しい!
    乙女心くすぐられる、夢いっぱいの絵本です。

    掲載日:2014/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子のあこがれ?

    こんなワンピースがあったらいいなとほほえましくなります。
    魔法のきれ、わたしにも落ちてこないかな。
    アイディアがいいですね。
    女の子に読んであげたらきっと喜ぶと思います。
    私は花柄のワンピースが好きでした。
    もっといろんな模様のワンピースが見てみたいです。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • その服がほしい

    子どもの頃に読んでもらって今も愛読。
    シンプルな話なのにとても夢がある。
    主人公の服をぜひ着てみたい。
    空に飛ぶシーンを読むと、はまるで自分も飛んだように気持ちよくなる。

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法のワンピース!?

    とっても可愛らしいお話の絵本です^^

    雨が降っても、小鳥たちが集まってきても、

    ワンピースはその模様に、かわっていきます。

    こんなワンピースがあったら、毎日お出掛けするのが
      
    楽しくて仕方がありません♪

    こんなワンピース私も欲しいなーーーーーー(⌒-⌒)

    掲載日:2009/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お洒落です。

    ファッション誌等を見ると、うんざりするくらい、
    「お洒落は引き算」だとか、「見えない所こそお洒落するべき」だとか書いてあり、確かにその通りなのかもしれないけれど、この本を読むと、いつもそんな事はとるに足らない事だと思わされます。
    この物語に登場するうさぎさんは、真っ白なきれを手に入れ、真っ白な「わたしのワンピース」を作ります。
    それも、黒いレトロなアンティークミシンで。
    お気に入りのワンピースを素敵なミシンでタタタッと作る時点で、もうすでに誰にもマネ出来ないお洒落だな〜、と関心。
    でもそれだけではありません。
    なんとそのワンピースは、通った場所や触れた場所と同じ模様になるのです。カメレオンみたいに。
    なんとシンプルな発想!おおいに素敵ではありませんか。
    第一、こんなに楽しいお洒落は世界に二つとありません。
    他人のファッションチェックや流行等本当にどうでもよくなる、怖いもの無しな気持ちになれる所がまさにファンタジーです。
    うさぎさんは、今日もきっとどこかで、自分だけのお洒落をたのしんでいる事ではないでしょうか。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ララランロロロン♪

    あれっ。あらっ。あらら。あれえ。
    こういう言葉って10か月の子でも反応するんですね。
    え?って不思議そうな顔をしたりして。。。
    調子よく流れる文章が心地よいです。
    そらからふってきた「きれ」を勝手にワンピースにしちゃって・・・
    と思いましたが、こんな素敵なワンピースになる「きれ」は
    神様からのプレゼントですね。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きでした。

    • ぱれりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    私が子供の頃よく読んでいて大好きだったので、こちらで探して購入したいと思いました。
    ワンピースが色んな模様になるのが面白くてとても可愛いです。
    女の子ならきっとはまると思います。

    掲載日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わたしのワンピース」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット