モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

しろねこしろちゃん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

しろねこしろちゃん 作:森佐智子
絵:MAYAMAXX
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2002年04月01日
ISBN:9784834020427
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,460
みんなの声 総数 48
「しろねこしろちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お父さんにあえてよかったね

    まっくろなお母さん猫の子供は黒猫が三匹としろねこしろちゃん。
    自分だけが真っ白なことがいやで、何とか黒くなろうとがんばります。
    お父さんに会いたいけど自分だけが白いのが恥ずかしく、家を抜け出します。でも自分のお父さんがまっしろな猫だとだと知り、とってもうれしいしろねこちゃんでした。

    自分だけが真っ白なことがいやで、白い毛をくろくしようとするしろねこちゃんは、とても健気だなと思いました。
    人間でも、いろんなことにコンプレックスを持っていますが、そんな気持ちを子供に教えてあげるのに良い本だと思いました。
    お父さんに会いたいのに、自分だけがほかの兄弟とは違うので会えない!!と逃げ出すしろねこちゃんもとてもかわいらしい。
    でも、自分だけがお父さん似の真っ白な毛だとわかり、きっと嬉しくて、誇らしげだったろうな。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいおかあさん

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子2歳

    お話はくろねこのお母さんと4匹のこねこから始まります
    こねこのうち一匹だけしろねこです
    しろねこのしろちゃんはじぶんだけ白いことに疑問をもち
    お母さんやほかの兄弟と同じ黒になりたいと思い、
    わざと汚れてみたりしてみます
    でもおかあさんネコは優しくぺろぺろなめて真っ白に戻してくれるのです。
    ある日自分だけ白いことに嫌気がさし家をでます
    その途中で立派な白猫とすれ違い、ついていくと自分の家に行くではありませんか!
    まさにその立派な白猫こそおとうさんねこだったのです
    その時のしろちゃんの気持ちを考えるだけで
    自信が湧き起こる感じがしてうれしくなります

    掲載日:2012/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかったね

    • りゅうあさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    お母さんと兄弟はみんな黒色なのに、自分だけ白色のしろちゃん。
    なんで自分だけみんなと違うんだろう・・・と。色々な葛藤を繰り返します。

    でも最後には真っ白な毛のお父さん猫が登場して・・・。

    ちょっと寂しい気持ちにさせられながらも、最後には胸が熱くなるとっても良いお話です。
    2歳の子供もとても気に入っていますが、もう少し大きくなって色々なお友達ができたころにまたしっかり読み聞かせてあげたいなと思っています。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい

    自分だけ兄弟の中で体の色が白くっていやだったけどお父さんと一緒の色でとてもうれしかったしろちゃん、とてもかわいかったです。
    娘は何でも友達と一緒のがいいって言うときがあります。でもそれがしろちゃんのおとうさんみたいに何かのきっかけで自分の物のほうが好きになったり。そんなとき私はこの本を思い出します。自分も小さかったときこんなできごとあったな思い出しながら読みました。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなと?

    黒猫のお母さんから生まれた4匹の子猫たち。
    でも、1匹だけ真っ白。
    小さいときは気にならなかったけど、大きくなるにつれ・・・。


    これを読んで、とてもメッセージ性のある絵本だと思いました。
    「みんなと違う」・・・このことでいろんなことが起こる世の中。
    いいことも、悪いことも。
    私も幼い時は、「みんなと一緒でなければ・・・」「みんながしてるから私も・・・」などという思いになったことが多々あります。でも、よく考えてみると「みんなと一緒」ということは、とても怖い気がします。
    もし、「みんなと一緒」の世の中だったら、とてもつまらないし、おもしろみがない。「みんなが違う」から、世の中面白いし、いろいろな人との出会いが出来るんだと思います。

    きっとこれから息子の成長に伴って、くっついてくる問題だと思いますが、「みんなが違うからいい」ということを教えていければと思いました。

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心感があります

    読み終えてつい感動してしまった絵本です。
    「おとうさんが かえって いらっしゃったよ」
    今の時代ではあまり使われない言葉が、余計読んでる方に
    安心感を与えるのかもしれません。
    インパクトのあるストーリーではありませんが、
    こういう絵本こそたくさん読んであげたいなあと思いました。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい日本語

    この絵本の好きなところは、昔ながらの美しい日本語の文章で書かれているところです。なんだか懐かしいような、品のある言葉が使われていて、ほっとします。
    お母さん猫のセリフは、自然と落ち着いたやさしい声で読めてしまいます。

    この懐かしいような言葉で書かれた物語と、MAYAMAXXさんのシンプルで力強くてかわいらしい絵の組合せは、なんと言うか、とても素敵です。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しろねこしろちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット