おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?

しろねこしろちゃん」 大人が読んだ みんなの声

しろねこしろちゃん 作:森佐智子
絵:MAYAMAXX
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2002年04月01日
ISBN:9784834020427
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,501
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お母さんねこがステキです

    先日 代田 知子さんの講演会で読んでいただき 感動しました。とっても良いお話です。(絵もステキでした。)
    お母さんは黒いねこ お兄さんたち3人の兄妹もまっくろ
    なのに・・・・ 
    自分だけしろいので かなしくて 自分で汚して黒くなりたいと思うのです。
    でも、お母さんはそんな汚れたしろちゃんをぺろぺろなめて 白くしてくれます。
    (このお母さんねこの愛情 すごく 感動しました。)
     
    おかあさんねこは「おとうさんが かえって いらっしゃるから きれいに まっといで」
    お母さんは すごく 優しく 愛情たっぷりに 子育てしているな〜
    お父さんが帰ってきて驚きます!

    しろしゃんと同じ色 白くて大きいのです。
    どんなにか しろちゃんは 嬉しかったでしょうね!

    ホロリとさせられました  良い絵本を紹介してもらってよかったです。
    今度は私も 子供たちにこの絵本を伝えていきたいです。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大切にしたい

    黒いねこのお母さんと黒い子どもたち。
    その中に一匹だけ白いねこのしろちゃん。
    しろちゃんはみんなと同じようになりたいと思い
    体を汚したり家を出ようとしますが…。

    しろちゃんの揺れる気持ちと、
    そのあとに待っていラスト。
    何度読んでも優しい気持ちになれます。
    最後のお父さんの横に並んだしろちゃんの
    誇らしげな顔が印象的ですね。

    子どもの頃「こねこのしろちゃん」という本で
    このお話を知っていました。
    本が擦り切れるほど好きだったお話です。
    その本も素敵でしたが、
    そちらは絶版になってしまったので、
    違う作家さんによって新しいテイストで
    お話が蘇ったことが非常に嬉しかったです。
    これは子どもに伝えていきたいお話です。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自慢のお父さんかな!

    しろちゃんにとって自慢のお父さんでしょうね。
    だって、自分とおんなじ、真っ白のお父さんなのですから。

    みんなと同じでありたいと思う気持ちは、少なからず、だれしも持っていますよね。
    しろちゃんはそんな気持ちを代弁しているかのようです。
    みんなと同じように黒くなりたいと、一生懸命。
    でも、お母さんはやっぱりきれいに真っ白にしちゃう。

    自分らしくとか、個性を大切にとかいう時代ではありますが、「みんなと同じでありたい」という気持ちもやはり大切なことなのかもしれません。それは、絆を強めたり、団結力にもつながるのかな。

    大人は深く考えさせられますが、子どもさんなら、素直に読み進めて
    「なんだぁ、お父さんと同じだったのかぁ!よかったよかった!!」
    と楽しく読める1冊だと思います。

    掲載日:2009/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目と口

    目と口にとても力がある主人公の様子に魅せられてこの絵本を選びました。子供の気持ちをとても分かりやすく表現している作品だと思いました。お母さんに似ていてもお父さんに似ていてもどちらも素敵だと思うのですがやはり気になるのだなと思いました。私が好きなのはお父さんです。威厳があって力強くてとてもかっこいいなと思いました。内面から溢れる優しさも魅力的だと思いました。こんなお父さんだからこそ家族皆が尊敬して安心して暮らせるのだと思いました。お父さんの御蔭で主人公が幸せになってよかったなと思いました。

    掲載日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公しろちゃん

    主人公のシロちゃんが自分とは違う兄弟猫と一緒の様になりたい気持ちが痛いほど分かりました。シロちゃんは立派なお父さんと同じと分かった時に見せる嬉しさがたまりませんでした!猫の絵に迫力があったのも良かったです。お母さんがお父さんの事を尊敬しているので子供たちにもお母さんの気持ちがしっかり伝わっていたのが素晴しいと思いました。主人公がお父さんを見た瞬間自分に自信をつけたところがとても感動しました。

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しろねこしろちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆
  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ? 一年生って何するの? 新入学の親子を応援するガイド絵本。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


0・1歳の赤ちゃんにぴったり☆親子で遊べる絵本

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット