なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ともだちほしいなおおかみくん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ともだちほしいなおおかみくん 作:さくら ともこ
絵:いもと ようこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1986年07月
ISBN:9784265011087
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,283
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オトナにも深く心に残ります。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    つい先日保育園の発表会で
    「ともだちほしいなおおかみくん」の劇を発表した娘のクラス。
    ずーっとこの絵本を娘と読みたくて、
    でも「発表会は終わるまでは」とガマンしてきた私。

    やっと、一緒に読める日がやってきました!

    いろんな物語ではおおかみが悪役として出てきて、
    そしてちょっと怖い感じするし、
    なぁんてみかけで判断されて、
    オトモダチがなかなかできないオオカミ君の苦悩と、

    見かけで判断してしまって、後から悪かったなぁと思う
    他のどうぶつさんたちの反省が、
    とっても分かりやすく描かれています。

    先入観やみかけで判断してはいけない。
    これは、絵本ではとっても分かりやすいし、
    子供にもそう教えてるけど、
    でも、実は一番できてないのは大人なんじゃないかな。

    子供と一緒に読んで、大人にも深く心に残る一冊です。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりオオカミというと、悪役の定番に思えてしまいますよね。
    見た目で判断してはいけないよ、というメッセージの込められたお話は他にもいくつか読み聞かせましたが、こちらはいもとようこさんのかわいらしい絵ですし、小さい子でも分かりやすいと思います。
    今の時代、なかなか他人を信用するのは難しいことですが、大人になった時に、中身を見てあげられる、見てもらえる人になって欲しいなと思います。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいオオカミ

    げんき森の元気もりもりのおおかみくん。絵本の世界では悪役で有名?のオオカミですが、この本のオオカミは怖くないし意地悪でもありません。
    みんなと一緒に、お友だちと一緒に遊びたいだけなのです。
    でもやっぱり動物たちはみんな、オオカミって怖い。
    一緒に遊びたいって気持ちと、おおかみくんの優しさが伝わるまでは、ちょっと心配でしたが、最後はみんな仲良し、元気に遊べてほっとしました。
    いもとようこさんが描く動物たちはかわいくて大好きです。

    掲載日:2013/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も素敵です。

    絵本ではだいたい怖い役のおおかみですが、この絵本は絵もかわいいし、やさしくて友達がほしいおおかみの話です。
    勘違いされて友達の輪に入れないことや、おおかみも最初はすぐ出ていけないところや、つらくて狼が泣いてしまうところも、よくあることで子供も夢中で聞いていました。
    最後は、みんな仲良く遊べて、子供も安心したようです。
    友達を作るのはきっかけも勇気もいって大変だけど、やっぱり友達は素敵ですね。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園のお遊戯会で、年長さんが劇としてやっていました。
    息子が内容をとても気に入っていたので、後で調べて書店で購入しました。

    げんき森のおおかみくんは、実はやさしいおおかみです。
    でもいつもひとりぼっちでさみしかったので
    ある日みんなをよんでみます。
    『ひろばであそぶものよっといで』
    すると森のみんなが集まってきます。
    みんなを怖がらせないように隠れてしまったおおかみくん。
    姿を見せずに、うさぎやぶた、きつね、たぬきと会話をしますが
    おおかみだということがばれてしまって…

    ものがたりに出てくるおおかみはたいてい怖かったり悪い役割。
    息子もおおかみはそう言うものだと思っていたようですが
    この絵本と出会ってからは
    『おおかみはやさしいのとこわいのがいるんだよ』と。

    ものがたりのなかで動物達が、おおかみくんのやさしさにふれて
    『もしかして、おおかみくんってやさしいのかもしれないね』と言っているのと同じように
    読み進むと息子もそう感じていったようです。
    おおかみくんがないているところでは、ちょっぴり笑いながら
    『大きいのに泣いてるねえ、でも年長さんも泣いたりするから同じだね』と。
    最後にみんなで歌うところでは、一緒に
    『ヘイ!』と言いながらニコニコしています。

    人を見かけで判断したらいけないよ
    いやだなあ、って思っても、お話ししたら仲良くなれることってあると思うよ
    お友達にやさしくしたら、きっとみんなもやさしいから仲良くしたいって思ってくれるよ
    そんな風に話をしたら、理解をしているようでした。

    内容が気に入ったのはもちろんですが
    息子も私も大好きないもとようこさんの絵だったので
    さらにお気に入りの絵本になったようで、今夜もこれを寝る前の読み聞かせに持ってきました。

    掲載日:2008/09/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ともだちほしいなおおかみくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット