ぷっくりシールブックハローキティのショッピングモールでおかいもの ぷっくりシールブックハローキティのショッピングモールでおかいもの
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
大人気ぷっくりシールブック第2弾!!今回の舞台はショッピングモールです!

つみき」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

つみき 文:中川 ひろたか
絵:平田 利之
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784323039039
評価スコア 4.72
評価ランキング 854
みんなの声 総数 92
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 親子のふれあい遊びにも

    子育て支援センターの貸し出し本棚から息子が持ってくるのはいつもこの絵本。
    1歳頃初めて借りていってから2歳の現在まで、「はらぺこあおむし」とこの絵本を交互に借り続けている気が……。(いい加減買ってあげた方が良いですね^^;)
    はっきりとした色合い、すっきりとしたイラスト、そしてわずかな単純な言葉で構成されているおかげで、息子は飽きずにずっとこの絵本がお気に入り。
    私としても読みやすく何度でも読む気になれる絵本です。

    また、我が家ではこの絵本をこんな風に読んでいます。

    高くつみあげたつみきにてんとう虫がとまり、ゆらゆらと揺れ始めるつみきの場面にあわせて、膝に乗せた息子を右へ左へゆらゆら。
    どんどん揺れは大きくなって、最後にはつみきはがっしゃーん!
    読むのと同時に息子もごっろーん!と転がしてやります。
    息子大喜び。
    何度も読んで読んでとなります。
    6か月になる娘にも、動作は控えめに同じように読んでやっても喜びます。

    はじめて絵本に触れる0歳の子にも、つみきがぐっと身近になる2歳、3歳の子にもおすすめでき、親子のふれあい遊びにももってこいの一冊です。

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 単純で好き

    絵が中心で文は一言。調度息子がブロックで遊ぶようになったので読みました。まだひとつ、ふたつ、と積み上げながら数えることは良く分かっていないようですが。

    もう数ヶ月したら手先ももう少し動かせると思うのでまた読みたいです。つみきの絵がかわいいです。そこにテントウムシが止まってるのもなんともいえません。倒れてしまうときの、テントウムシはどうなってしまうのか、わくわくドキドキ息子が感じてくれるようになると笑ってお話を読んであげられると思います。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当にこんな積み方しますよね

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳、

    全ページためしよみ欄で0歳児向けと分類されていたので、1歳半の次男に読んでみました。

    つみきを結構危うい積み方をしていきます。本当に小さい子はこういう重ね方をするんですよね。てんとう虫がとまっただけで崩れるくらいに。

    内容はとても単純でしたが、「ひとつ」「ふたつ」と数える数え方は最近の子供たちはあまりしなくなっているようで、苦手な子が多いようです。少し大きい子でも数え方を確認するために楽しめるかもしれません。

    掲載日:2013/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • がっしゃーん!!

    たまたま病院の待合室で出会った1冊でしたが
    息子も私もすっかり気に入ってしまいました!!

    ひとつふたつと数えていると、まさかまさかで
    真似っこして数を数え始めました!!

    積み木を積み上げていくスリル感など
    上手に表現されていると思いますo(^▽^)o

    そして積み木と一緒
    がっしゃーん、あーあとやっぱり
    もりあがりました♪

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長く楽しめる絵本

    珍しく縦方向に開いていく絵本です。

    娘はまだ数がわからないので、積み木が上に積まれていく様子をぼんやり理解している程度かなとは思います。ただ「やったー、パチパチ」のページではお手手をパチパチしますし、「ゆらゆらゆら」のページでは楽しそうに体を揺らします。

    数が分かるようになったらまた違った意味で楽しめると思います。長い期間、お世話になれそうな絵本です。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静と動の感じ

    1歳8カ月の息子に。
    ひとつ、ふたつ、みっつ、とだんだんと高く
    つみあがっていくうちに緊張感が高まっていくようで、
    食い入るように聞いていました。

    崩れる前のテントウムシのゆらゆらでは、
    いつもははやくページをめくりたがる息子も、
    すぐにめくろうとはしません。
    次の瞬間が分かっているのでしょう。
    それでも、がっしゃーんのシーンではにこにこ。
    短いので何回でも繰り返し楽しんでいます。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 象の頭の上で!!

    つみきを積み上げていく時に、「ひとつ、ふたつ…」という数え方をします。普段中々聞くことがないので、そこが気に入りました。

    子供はやはり、つみきが「がっしゃーん」と壊れるところが気に入ってます。

    普段自分が遊んでることを絵本にしているので、子供にもわかりやすいのだと思います。

    ちなみに、積み木をする台もユーモアがあって素敵です。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本を揺らしながら…

    • ふみどりなさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    娘が1歳半頃に購入したのですが、とてもシンプルで分かりやすく絵も可愛いのですぐに気に入り、本を傾けたり揺らしたりしながら『おーっとっととと〜!』と言いながらとても楽しそうに読んでいました。2歳5カ月になりましたが、今はつみきの真似をして片足で立ったりしながら読んでいます。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • つみきで遊びたくなります

    幼児の定番玩具「つみき」がテーマで、子供が身近に感じます。積んでいくスリルを知っている子供なら最後までどきどきしてしまう。崩れてしまうと、がっかり…。思わず自分もどこまで積めるかやってみたくなります。積み木遊びを楽しくしてくれる一冊。

    掲載日:2011/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっ!てんとうむし

    絵本クラブ対象

    積木が10個積み上げられたところで
    テントウ虫が飛んできます。
    「ゆらゆらゆら〜」って積木が揺れると
    娘も「ゆらゆら〜」と言いながら右に左に!

    とても可愛い絵の絵本です。
    娘は、まだ数字は言えませんが、
    数の数え方も学べそうな絵本です。

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「つみき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこだれだ / いないいないばあ / がたんごとんがたんごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんの、あなたの
お気に入りの3冊は?
絵本コンシェル 無料おためし公開中
みんなのお気に入りをみてみよう&まずはやってみよう!>>>

閉じる

全ページためしよみ
サイン本販売中