だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

パオちゃんのみんなでおつかい」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

パオちゃんのみんなでおつかい 作・絵:なかがわ みちこ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1985年
ISBN:9784569586731
評価スコア 4.1
評価ランキング 17,813
みんなの声 総数 9
「パオちゃんのみんなでおつかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お気に入り

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    息子のお気に入りの絵本です。
    何度も幼稚園から繰り返し借りてきます。

    子供は買い物が大好き。
    買ってきたものが自分の好きなメニューに変わるのはとても嬉しいことのようで、夕飯を見て「これは今日買ったお肉?」などと聞いてきます。

    この本のパオちゃんとそのお友達は、子供たちだけでおつかいに出かけます。
    すんなり無事にお買い物終了、とはならず、色々トラブルがあるわけですが、この過程も面白いようで笑いながら見ています。
    おつかいもわくわくする冒険ですね。

    息子はまだ4歳で、子供だけでおつかいに行かせられる年ではありません。
    そういう息子にとって、子供だけでおつかいに行くというこの絵本は夢のような本なのかもしれません。

    掲載日:2015/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本を通して成長

    パオちゃんたちのおかげで、おつかいに行きたいと言い出した子供。パオちゃんたちと同じように紙に買うものを書いてと。何から何までパオちゃんたちと一緒がいいようで。子供ってまねっこ遊びが大好き。こうして子供は少しずつ成長して行くんですね。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとした冒険ありのおつかい

    かわいい絵とほのぼのした内容で、どの子もとっつきやすそうなシリーズです。
    本のサイズも小さくてお出かけにも良さそう。

    今日の献立はカレーライス。
    パオちゃんと友達の動物たちがおつかいに行くお話です。
    でも買い物リストが風に飛ばされて…しまいにはやぎのおじさんが食べてしまいます。でもみんなでカレーライスに必要な材料を考えて、ちゃんと買って帰ることができました。

    ちょっとした冒険もあり、意外な展開もあって、パオちゃんシリーズの中ではなかなか楽しかったです。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「パオちゃんのみんなでおつかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / おふろだいすき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット