庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

あがりめ さがりめ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

あがりめ さがりめ 作・絵:いまきみち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1992年3月25日
ISBN:9784834010961
評価スコア 4.57
評価ランキング 3,999
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さな子向き

    1〜3歳児の親子のお話会に読みました
    お話全体が歌を歌うように読み進めて行くので小さな子供には向いてます
    お馴染みの「いないいないばぁ〜」の遊びも加わって、どんどん読み進めて行くと・・・・
    あれあれ・・・?
    小さな子供はキョトンですが、ママたちが「あら〜」と笑う絵本です

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖くてたまらない

    2歳と0歳の女の子によんでいます。どちらもこの本が大好きです。
    おなじみの『あがりめさがりめ』の歌の本です。
    0歳の子は内容より、いないいないばあを楽しんで、ばあのとき、きゃっきゃと喜びます。
    この本のいないいないばあ3連続は、なんか迫力あります。
    おばけをどこまで理解しているかはわかりませんが、最後の女の子に???の顔で凝視しています。
    2歳の子は最後のおばけがツボです。
    もう、怖くて怖くてたまらないみたい。
    うん、最初からおばけより、突然おばけに変身するほうが怖いです。
    いつも最後のシーンでは手で顔を覆ってのぞき見てます。
    怖いのに、見たい。怖いのに、好き。
    最後おばけがバイバイしているところが好きで、
    いつもバイバーイまたね〜と手を振っています。
    私にとっては、まだ、ねこがおばけと思っていない娘が可愛らしいです。

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • わらべうた♪

    「あがりめ さがりめ ぐるっとまわして ねこのめ♪」

    あまり手遊び歌を教えていなかったので、レパートリーが増えた事は大きいです。娘も1回で気にいり、覚えました。

    最後の「いないいない ばー」は、男の子の「ばー」を一生懸命にまねっこして楽しんでいました。

    掲載日:2010/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ね〜この目

    あがりめさがりめといないいないばあの絵本です。
    色がカラフルでとても目をひきますね。
    娘はあがりめさがりめを自分でできる年齢になので
    「これ知ってる!」とお気に入りになったようです。
    ひとりで何回も「いないいな〜い」と言いながら読んでいますが
    さいごのオチには反応してくれない…。
    母としてはここがツボなんですけどね。
    赤ちゃんの頃から楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あがりめ さがりめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / くっついた / おひさま あはは / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット