ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

もけらもけら」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

もけらもけら 作:山下 洋輔
絵:元永 定正
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1990年11月
ISBN:9784834004021
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,893
みんなの声 総数 138
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絵本デビュー

    メリーに夢中になりだした息子の、「絵本デビュー」として。
    お気に入りの中の一冊です。
    はっきりしたイラストと、音が楽しい様子。
    読み方(音程、間)を毎回変えながら読んでいると、こちらも気分が上がります。
    息子は「あー」「うー」の大合唱(?)で応えています。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • なぜか気になる

    • モミジさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子4歳、男の子0歳

    読む人によって違うリズムになります。

    文字の大きさや配置が踊っているように見えて、声に出して読むと歌っているみたいになります。

    子供が何度も読んでほしいとせがみますが、読んでいる間は、まったく反応せず、じーっと聞いているのが不思議です。

    時々、この本を読むのが難しい、苦手という人もいるようなので、試しに図書館で借りることをオススメします。

    掲載日:2015/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「もこもこもこ」や「がちゃがちゃどんどん」が
    好きな息子に読んでいます。

    声に出すとなんともたとえようのない音ばかり。
    けれどもこれがいいのでしょうか、
    私は字を見て読んでいるのに、
    息子は絵を見て読んで覚えたのでしょう。
    ページをめくるたびに自分で繰り返し読んでいます。

    不思議な魅力の本です。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ろれつがまわりませんが大うけ

    4ヶ月の娘に読んでやりました。ろれつが回りにくいようなよくわからない音が次々に不思議なイラストとともにでてきます。あまりその音やイラストに意味は無く、ただいろいろなおもしろい音を並べているのだと思いますが、娘には大うけ。4歳の兄にもこのろれつのまわらない音を復唱してもらいますが、たどたどしく、まだ無理。私も一気に間違えないように読み上げるのが精一杯です。でも、娘がきゃっきゃと声をだして喜ぶので、何度も何度も読んでやりたくなりました。こういう絵本のほうが楽しいのですね。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんだん楽しくなってきた!

    娘が0歳の時に初めて読みました。
    しかし、当時は親も娘も「?」という感じでした。

    それが、もうすぐ3歳になろうという今になって、大喜びで読んでいます。
    この本を読むのはたいていお父さんの役目。
    お父さんに続いて娘も「もけら もけら」「じょわらん じょわらん」上手に言っています。
    聞いている私もこんなに面白かったんだと再発見。

    なんでこんなに面白いんだろう・・・?
    言葉の学習途上にいる娘と3年近く過ごし、意味のある言葉だけではない、音を楽しめるようになったからかな・・・。
    娘も言葉と違う音が楽しいのかな・・・。

    不思議な絵本です。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不可思議な世界

    感性のない私のような人間には、正直言って、この個性にあふれる感覚を全く理解できませんでした。一体、なんだろうって感じです。でも読み方を工夫すると、赤ちゃんはおもしろそうに聞いてくれます。赤ちゃんって、どんなものでも受け入れられるんだ、とつくづく感心しました。それから、8歳の娘が弟に読み聞かせていたのですが、娘は読むのが楽しかったみたい。私には訳が分けがわからなくても、子供にはこの本の良さが理解できるようです。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な言葉

    5ヶ月になる娘に図書館で借りてきました。
    不思議な絵に不思議な言葉。
    うちの娘は、笑いながら見るというよりもじっと見つめていました。
    絵も、型にはまっていない不思議な形の絵。
    想像力をかき立てられそう。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 買う前に読んでみるべき

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子3歳、男の子2歳

    人気の赤ちゃん絵本とのことですが、まずは我が子の反応を見たくて、図書館で探して読んでみました。
    すると子供の反応は・・・イマイチでした。
    買おうと意気込んでたので、先に読んでみて良かったです。
    大好きな子もいるみたいだし、うちの子みたいにイマイチ食いつかない子もいるし、分かれるんですね。
    こういうタイプの絵本はある程度成長したら読まなくなるものだと思うので、読む期間が短いからこそ、一度我が子の反応を伺うほうがいいかもしれません。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音で楽しむ絵本

    もうすぐ5ヶ月になるベビに読み聞かせをしていますが、
    うちの子はこういう絵本が好きみたい。

    ストーリーがある絵本はまだ早いみたいで、
    すぐ飽きて、キョロキョロし出します。

    でも音だけの絵本はなんだか面白いようで、
    「もけらもけら でけっ」
    と言うと、ふーっとかへへっとか言ってます。
    なんだか会話しているよう。

    私自身も読んでいて、
    毎回違った読み方が出来てすごく楽しいです。

    掲載日:2009/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • きゃっきゃと笑う

    あかちゃんには内容は分からなくても、言葉の響きで遊ぶことができました。音に強弱をつけたり、音程をつけたり、速く読んだりゆっくり読んだりと、読み方を工夫しながら繰り返し読んでいます。あかちゃんのツボにはまるときゃっきゃと笑います。そのときはこちらも楽しくなって、もっともっちおもしろい読み方はできないものかとついつい力がはいってしまいます。

    掲載日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もけらもけら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / やさいのおなか / わゴムは どのくらい のびるかしら? / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

全ページためしよみ
年齢別絵本セット