ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

モチモチの木」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

モチモチの木 作:斎藤 隆介
絵:滝平 二郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1971年11月20日
ISBN:9784265909063
評価スコア 4.83
評価ランキング 133
みんなの声 総数 126
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 版画がいい味出してる

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    少し独特な雰囲気があるこの絵本。
    少し怖い感じもしますが、物語はしっかりしていて、大人目線で読むと大変よくできていると思います。
    子どもにはどうかな?と思いましたが、以外にもウケていました。
    いつもはにぎやかな息子もなんだか静かにじーっと見ています。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かし〜

    この本は私が小学校の時に教科書に載ってました。とても懐かしかったです。三歳にはまだ早かったからか、最後のほうは集中力がなかったです。切り絵の絵の方に興味あって、何回もめっくって見てました。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不可欠な一冊!!

    • オナミーさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子0歳

     私が小学生の頃、教科書で読んだのか、絵本で読んだのか、とにかくこの本の印象は強烈でした。

     なぜ、そんなに強烈な印象を受けたのか、当時はわかりませんでしたが、今、娘のためにこの本を手にして、ようやく理解できた気がします。

     とにかく、絵の美しさ。そして、文章のすばらしさ。

     この絵本を何度も読み聞かせることで、感性アップ、国語力アップ間違いなし!!と、ほそく笑んだ母でありあます。
     
     臆病な豆太。昼には、『実落とせ!』と叫ぶけど、夜になると一人でトイレもできない。
     擬人化された木が、『おばけー』と遅いかかってきそうな、そのリアルな恐ろしさ。
     泣きながら、夢中で医者さまを呼びに走る豆太の心細い様子。そして、医者さまのねんねこばんてんの温かさと、少し強気になった豆太が、医者さまを蹴飛ばす様子・・・。

     文章と絵が、本当に無駄なく『モチモチの木』の世界にいざなってくれます。
     
     毎日子供たちに絵本を読み聞かせていて、何冊も何冊も絵本を読んでも、これほどの芸術的な、すばらしい絵本に出会えることは少ないです。
     
     娘は今3歳ですが、この絵本の行間を読めるようになるまで、何年でも読み聞かせてあげたい、と思います。

    掲載日:2008/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「モチモチの木」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット