雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

モチモチの木」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

モチモチの木 作:斎藤 隆介
絵:滝平 二郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1971年11月20日
ISBN:9784265909063
評価スコア 4.83
評価ランキング 133
みんなの声 総数 126
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懐かしい1冊

    私にとってはとても懐かしい一冊です。
    子どもの頃、私の家にはこの絵本があり、何度も手に取って読みました。
    内容を理解していたわけではないと思いますが、とても心惹かれるものが
    あったのは確かだと思います。

    小学中学年の息子の教科書に、この「モチモチの木」を見つけた時、
    ぶわ〜っ!!と一気に子どもの頃の感覚が甦ったような気がしました。

    そんな私の気持ちを知らないはずの息子は、教科書に載っているこの
    作品をなぜかとても気に入り、1人で読んでいる姿を何度も見かけました。
    この作品には、子どもの心を惹き付けてしまう何かがあるように思います。

    気が弱い息子のことですから、臆病な豆太に自分の姿を重ねていたのかも知れません。
    臆病な豆太だけれど、いざとなったら勇気を出せるってこと、じさまも
    モチモチの木もきっと知っていたんですね。

    「じぶんで じぶんを よわむしだなんて おもうな。」
    「にんげん、やさしささえあれば、やらなきゃならねえことは、きっと やるもんだ。」

    息子もきっと、知らないうちにこの絵本から勇気をもらっていたに違いありません。

    心に残る、とても大好きな作品の1つです。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「モチモチの木」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット