庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

雨、あめ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

雨、あめ 作:ピーター・スピア
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1984年06月
ISBN:9784566002531
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,338
みんなの声 総数 65
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雨の日のお散歩

    子供と、雨の日のお散歩がしたくなります。
    とても楽しそうだし、雨の日だからこその楽しみが沢山感じられました。絵もとても生き生きとしていて、ワクワクしたりほほえましかったり。
    字がない絵本ですが、じっくりゆっくり読みたい一冊です。

    掲載日:2016/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨ってこんなに楽しくて美しいんだ

    梅雨の季節に 雨 の絵本を。と思い、図書館で借りてきました。

    台詞が一切ない絵本で、絵を見てストーリーを読み取るものです。
    表情豊かな絵が何コマもあり、大きめの絵本いっぱいに楽しい雨遊びが広がっています。沢山の雨の日の風景に、雨ってこんなに楽しくて美しいんだと感じさせてくれました。
    雨の日も楽しいねと、6歳の娘に言ったら、そら楽しいやろ!と、意外な返事が返ってきました。子どもにとっては雨の日は嫌な日ではないんですね。
    大人になってしまった私にも、ずぶ濡れになって遊んだあの快感を思い出させてくれ、「雨も楽しいよ。」ってことを改めて感じさせてくれる絵本でした。

    台詞がない絵本というのは想像力豊かに見ることができていいものだと思いました。

    掲載日:2013/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 惹き込まれる〜♪

    文字がないということで、最初嫌がるそぶりをみせていた息子。
    でもページをめくるたびに…
    挿絵の魔力でしょうか?
    ぐんぐんとお話の世界に惹き込まれていました♪
    子供から絶対試してみたい、雨の日の遊びがいっぱい!
    僕もしたい〜!
    と思っている様子がどんどん伝わってきました。
    雨の日が楽しくなる!
    そんな絵本でした^^;

    ちなみに息子は、雨を満喫したあとの男の子の服装に大笑い!
    実は息子もよくそんなことしていうるのです(笑)
    息子はめっちゃ親近感をもったようです♪

    掲載日:2008/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「雨、あめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おおきなかぶ / こんとあき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット