庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ふしぎな ともだち」 大人が読んだ みんなの声

ふしぎな ともだち 作・絵:サイモン・ジェームズ
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784566006355
評価スコア 3.94
評価ランキング 28,540
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 神様からのプレゼント

    不思議な話ですが、私はこの話、好きです。

    パパと離れて引越しをして、新しい環境にいる“ぼく”だけれど、大丈夫。
    だってぼくには見えないけれどボブという友達がいるんだもん。でもある日、
    隣りに男の子が引っ越してきて、一晩考えて勇気を出して声を掛けに行ったら、
    見えないボブはいなくなってしまったけれど、なんと引っ越してきた子の名前は
    ボブだった! という話です。

    私の最初の感想は、頑張っている“ぼく”への神様からの素敵な贈り物かな?でした。
    この話でいいなぁ〜と思うところは、ぼくが見えないボブの分のシリアルを用意して
    牛乳をかけてあげていても、ママは何もとがめていないだろうというところ、
    そしてパパからも手紙が届くところです。みんな、頑張っているぼくを陰ながら優しく
    見守っているのが感じられます。
    だから、やっぱり神様からの御褒美だよという気がしてなりません。
    木の人形だったピノキオが本当の男の子になったみたいに!

    そして、男の子が勇気を出してお隣の子に声を掛けるところも本当に頑張ったな〜と
    思いました。

    そういえば、うちの息子も年少の頃、幼稚園に通う道がてら電車ごっこをしていると、
    必ず“りすさん”が乗車してきたなぁ....
    そして、やはり、いつのまにか“りすさん”は現れなくなったなぁ。

    スラスラと読める本なので読んでみてください。男の子のかわいい話です。お奨めです。

    掲載日:2011/05/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふしぎな ともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(3.94)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット