なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

14ひきのひっこし」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

14ひきのひっこし 作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年07月
ISBN:9784494006182
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,438
みんなの声 総数 137
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 共同作業

    このシリーズ大好きです。
    見つけたら借りてきています。

    今回はお引越し!

    いい場所が見つかってよかったね。
    誰かな?誰かな?と、表紙を確認しながら
    名前を息子とあてっこするのがお気に入り。

    最後みんなが寝静まって、夫婦だけの時間が
    なんだかほっこりの1ページです。

    そうそう15匹目がいるんですよ。
    探してくださいね。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで協力

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    みんなで協力して、ひっこしをしている14ひきの姿がよかったです。
    このシリーズは他でも言えることですが、こどももしっかりと働き手としてしっかり動いているところが立派ですね。
    私もあまり子供は甘やかしすぎずに、できることは自分でしっかりさせ、お手伝いもどんどんさせていきたいです。
    みんなが自分の役割を自覚し、互いのためにいつも動けるこの家族は本当に素敵!!

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての14ひきシリーズ

    14ひきのシリーズの中で一番最初に買った絵本です。
    この絵本をきっかけに娘は14ひきのシリーズが大好きになりました。少しずつ揃えているところです。

    お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさん、そして10匹の子どもたち。あたたかい生活が丁寧に描かれています。
    大人たちが子どもたちを見守る、あたたかい目が感じられます。また子どもたちがのびのびと成長している様子も伺えます。

    ねずみのお話ですが、人間と全く同じです。親である私の方がついつい感情移入してしまいます。素敵な絵本に出会えてとても嬉しいです。さらにこれがシリーズであること、本当に幸せです。数年かけて全冊をそろえていこうと思っています。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引っ越しはわからないけど

    引っ越しはまだわからないけれど
    このシリーズは好きなので
    最初を読んでみました。
    子供は自分をとっくん、にしています。
    見ていると毎回服が違うので
    これだれだっけ。。。なんて思うのですが
    家族みんなが役割分担して
    協力して生きている姿は素晴らしいです。

    掲載日:2011/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 14匹シリーズで一番好き!

    • どまどまさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    3歳目前の子供と読みました。

    子供はどのシリーズも食いついてみていますが、私はこの本が14ひきシリーズの中で一番好きです。
    みんなでお家を作るというコンセプトが大好きです。

    いっくんとにっくんが、父親の片腕としてたくさんの兄弟を守り、働く姿にいつも感動します。
    子供は、やんちゃで元気なごう君がお気に入りのキャラクターで、いつも「ごうくんは?」と探しています。
    背表紙や裏表紙まで楽しめて、どのページもずーっと眺めていて飽きません。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひっこしって…

    「ひっこし」と書いてあるので、もうすむ家もあって、そこへ引っ越しするのかと思いきや、家さがしから始まり、家づくりをするところは、ほんとにこの14ひきはすごいと思ってしまいました。人間ではこんなこと考えられないですよね。。
    この絵本は途中に「あなからかおをだしたのはだれ?」とか「きのうえでさけんでるのはだれ?」などの問いかけがあり、娘はそこを読むたびに答えています。そういったいろんな観点から考えさせることのできる絵本です。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張れ〜☆

    以前「14ひきのぴくにっく」を読んで以来、いわむらかずおさんの絵本のファンになりました。

    今回の14ひきのひっこしもイラストがとても可愛く、皆で力を合わせて新しいお家までひっこしていく様子や家を作る光景がとても微笑ましく素敵でした。
    毎回読むごとに14匹の家族が大好きになっていっています☆

    掲載日:2009/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物語の始まり

    14ひきシリーズが、最近好きな2歳の娘。
    シリーズの1作目なので、ワクワクしながら借りてきました。
    この絵本を読んでいると、ほんと森に遊びに行きたくなりますね!
    自然の描写も素晴らしいし、家族で力を合わせる大切さも伝わってくるので
    大好きです。
    大家族っていいなぁって思っちゃいます。
    今回は、引越しなので、みんなでお家を造ったり
    水道や橋も自分たちで作っていて、大変だけど楽しそうです。
    そして、最後は家族揃っての夕ご飯。
    このシーンを見るだけでも、値打ちがありますね。
    娘は、いっくんがお気に入りみたいで「いっくん、いっくん」と
    探しながら読んでいます。

    掲載日:2009/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 14ひきシリーズのはじめ。

    14ひきシリーズ、以前から娘と愛読しています。
    でもこのお話が、一番初めのものだったのですね!
    実際に引越しの予定があったので、絵本で疑似体験しておいてもらおう!とこの絵本を買いました。
    みんなの個性が、改めてよく分かる一冊ですね。
    そして、このおうちは、こうやってみんなで協力してできていたんだと、改めて感動できる一冊です。
    もうすっかり、どれが誰だかパッと見ただけで分かるようになりました!
    いわむらかずおさんの描写力にも、しみじみ感心します。

    掲載日:2009/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大家族にあこがれます

    ストーリー性のある絵本をと思いこれを選びました。

    14ひきものねずみの家族がみんなでお引越しをする。
    「いたち」に遭遇したり、みんなで力を合わせておうちを作ったり。
    とてもファンタスティックなお話です。
    想像力をかき立てられるでしょう。

    息子はいろんな言葉をこの本で覚えました。
    「いたち」をはじめ「どんぐり」「まつのみ」などなど。
    なかなか本物を目にすることのない都会育ちの子にとってはリアルであり、それでいてほんわかした絵にもかなり惹かれたようです。

    シリーズでそろえたほうがいいのかなぁと悩む日々です。

    掲載日:2008/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「14ひきのひっこし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(137人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット