モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

しりたがりやのちいさな魚のお話」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

しりたがりやのちいさな魚のお話 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:石井 登志子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784198611330
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,776
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議なお話

    このお話はとっても変わったお話だと思いました。池の中の生きものが陸上に上がって人間の世界を見てくるって言うお話でした。うちの子は特に、カエルの魔女が気に入っていて、魔法をかけられて魚たちに足が生えていたのが面白かったみたいです。

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魚から見た世界

    4歳の息子に読みました。

    ベスコフの絵本は女の子向けのようなイメージをいだいていましたが、息子はこれに夢中になりました。

    魚から見た世界が描かれていて、しかも人間もその世界の小さな一員であることに気づかされる絵本で、いつも人間中心で物を考えている私たちははっとさせられます。

    息子は、魚が魔法使いに足をもらう部分と、トーマスが泳げるようになる部分が特に気に入ったようでした。

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魚に足がある!!

    どういう感想にしたらよいやらわからにような本。
    でも楽しい。
    魚が魔法使いのところに行って、歩けるようにしてもらうんだけど、
    なんだか不恰好で奇妙で、不思議な話。
    なんか、おもしろい。
    釣りに行った少年が、魚を逃がすでもなく、食べるでもなく、飼ってしまおうというところがなんだかいい。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しりたがりやのちいさな魚のお話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット