だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

しりたがりやのちいさな魚のお話」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

しりたがりやのちいさな魚のお話 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:石井 登志子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784198611330
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,772
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な挿絵

    エルサ・ベスコフさんらしい、ちょっとレトロな雰囲気の素敵な挿絵に魅かれて手に取りました。

    小さなお魚スイスイと、スイスイを釣り上げてしまった男の子トーマスのお話です。
    スイスイを心配して、お魚仲間が助けに行こう!と行動するところはちょっとだけ【ファインディング・ニモ】に似ているかな、と思います。
    でももちろん、こちらのほうがずっとずっと前からあるお話だと思いますが。

    スイスイも、トーマスも、とても生き生きと描かれています。
    さらっと読める素敵なお話ですが、その中には、野生の生き物を人間のエゴで閉じ込めてしまうのは自然の摂理に反している。あるがままの姿に、こちらから寄り添っていきましょう、というメッセージも伝わってきます。

    魔法で姿を変える魚たちの、ちょっと不思議な姿が楽しいです。
    挿絵もたっぷり楽しめる、素敵な絵本です。

    掲載日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しりたがりやのちいさな魚のお話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット