十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

金のがちょうのほん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

金のがちょうのほん 作:レズリー・ブルック
絵:レズリー・ブルック
訳:松瀬 七織 瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1980年
ISBN:9784834007947
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,356
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 4つのお話

    子供が図書室から借りてきました。
    きっかけはわからないのですが「金のがちょうが読みたかった」とのこと。
    その他に「三びきのくま」「三びきのこぶた」「親ゆびトム」のお話がありました。
    とにかく、「金のがちょう」では、笑いが止まらなかったようです。
    「親ゆびトム」では、「少し、親ゆび姫に似ているね」とも言っていました。

    「後生」などの言葉があって、少し難しいかな。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三びきのこぶたで意見が割れて

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳

    4作の昔話が入っていますが、
    子供に一番うけたのは、「三びきのこぶた」です。
    今まで、かなり簡略化したものばかりを読んできたのか、
    ずいぶん、知っていたお話と違ったからです。
    わらと木のうちを作ったぶたはあっさり狼に食べられてしまうし、
    れんがのうちを作った豚と狼のトンチのやりとりの場面があったり、
    最後は過激に狼を煮て食べちゃったり。
    そのギャップにムキになって「え〜ちがうよ〜」なんて言いながら
    聞いていました。
    どっちが好きか尋ねたら、「前に読んだほう」とのこと。
    「ママは?」っ聞くので「こっち」と答えると、
    お互いに「何で、何で」と話にはなが咲きました。
    子供は兄弟を助けてあげるやさしい豚が好きだそうで、
    私は豚が知恵で狼をやっつけるところが楽しいと。
    お互い「そうだねぇ」と納得。
    ちなみに絵も子供には不評、私は最高!でした。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • イギリスの古典

     イギリスの代表的な昔話4つからなる絵本ですが、こんなに愉快で、生き生きした、楽しい挿絵が、100年以上も前に描かれていたなんて、驚きです。日本の明治時代後半に、こんな素晴らしい絵本を1度でも目にしたことのある子どもがいただろうか、と考えると、イギリスの子どもたちは恵まれていたんだなあ、とうらやましくなってしまいますね。お話の面白さも然ることながら、絵本の持つ力の大きさに、圧倒されます。

     一話一話、お話も省略されず、丁寧に書かれているのですが、それでも、子どもにとっては、まだ知りたい、と思う疑問も残されているようで、子どもの想像力の豊かさにも驚かされました。
    「金のがちょう」のお話では、「金のがちょうの一行」が、お姫様を笑わせることに成功し、最後には、「ぬけ作」がお姫様と結婚して、一生しあわせに暮らしましたとさ・・・で終わっているのですが、娘は、「金のがちょうにつながってた人は、どうなっちゃったの?」と、脇役たちの将来も案じていました!

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「金のがちょうのほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / いないいないばあ / おたすけこびと / おしいれのぼうけん / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット