ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

金のがちょうのほん」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

金のがちょうのほん 作:レズリー・ブルック
絵:レズリー・ブルック
訳:松瀬 七織 瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1980年
ISBN:9784834007947
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,364
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 結構知っているナビの人がいますね。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    図書館で見つけて借りてきました。
    先日上の子が「金のがちょう」の話を下の子にしていて、そういえば、下の子には、この話のお話をしてあげたことがなかったな〜と、思ったもので…。

    画がイギリスのレズリー・ブルックという方で、かなり写実的なイラストでした。
    お話は有名なものも含めて4話のっていて、
    「金のがちょう」
    「三びきのくま」
    「三びきのこぶた」
    「親ゆびトム」です。邦訳は巨匠:瀬田貞二さんと松瀬七織さんというかたで、とても読みやすかったです。

    で、未だかつて、こんなに年のいった金のがちょうの主人公の絵は初めて見ましたし、
    (たぶん、イギリス人と日本人との見た目の年齢の感覚だと思いますが、少なくとも、日本人がイラストを付けたものはもっと若い、少年のような男の子の場合が多かったと、思います。)
    くま達の話はともかく、こんなまんま「ぶた」にしか見えない三びきのぶたたちが、実に人間みたいに家に住んだり、とんちを聞かせて、
    狼をやっつけたりするのには、ちょっとびっくりしました。

    下の子の反応は「ふ〜ん」くらいなものでしたが、これで、有名どころの昔話は抑えられたかな?

    「親ゆびトム」の話は、もっと端折ったようなのなら読んだことがありますが、アーサー王が出てくるのは、初めて知りました。こういうバージョンもあったんですね〜。
    面白かったです!

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「金のがちょうのほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / いないいないばあ / おたすけこびと / おしいれのぼうけん / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット