しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

急行「北極号」」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

急行「北極号」 作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:村上 春樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784751519998
評価スコア 4.73
評価ランキング 888
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 鈴の音はどんな音かな

    • きよぴこさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    子供のころは確かにサンタクロースはいると信じていた。
    いつだったかな「サンタクロースはいないんだよ」って言ったのは。
    自分の子供もサンタクロースがいないといったのは幼稚園の時だったから、そのころかな。

    サンタクロースと小人たちがいる街北極点。
    その北極点に子供たちを連れて行ってくれる急行北極号。
    そしてプレゼントの第一号に選ばれるぼく。
    サンタを信じる子供たちにはまるで夢のような出来事ですよね。

    そしてプレゼントに選んだのはトナカイの首についた銀の鈴。
    高価なおもちゃではないところがいいですね。
    ぼくにとって待ち遠しく、そして大切なもの。

    私も幼い時には信じていた大切なもの。
    あのころのまま持ち続けていたら、私も急行北極号に乗れたかもしれない。
    サンタクロースが来るのを心待ちにしていたあのドキドキ感はもう味わうことはないんだな。嘘だとしても信じていたほうが素敵なことってあるんだよね。そしてそれを心から信じることはもっと素敵。


    読み聞かせにも使いました。
    もうサンタクロースなんて信じていない5年生。
    でもこの本を聞いて昔のドキドキ感を少しは思い出してくれたかなぁ。

    ------------
    読み聞かせに使った学年:5年生
    子供の反応:★★★★☆
    所要時間:12分程度

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 急行「北極号」いつまでも乗っていたい

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

     わたしも子供のころクリスマスの夜に急行「北極号」に乗ったのかもしれない。ただ大人になって夢かうつつかわからない急行「北極号」の出来事を忘れることにしたのかもしれない…主人公の男の子が大きくなっても鈴は聞こえるけど、他の人が、妹のサラでさえも聞こえなくなったように。

     雪の中に走る黒い機関車「北極号」、外の寒さと対称的な温かそうな中の様子、森を行く狼の群れ、子供たちを出迎えるこびととサンタ、そして帰りのようす、読んでいて懐かしいような、過ぎてしまった子供時代を思い出してあの頃に帰りたい気分にさせます。 
     
     オールズバーグの絵と文もいいし村上春樹の訳もいいのでしょう。わたしもこの急行「北極号」いつまでも乗っていたいです。

    掲載日:2010/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本のすばらしさを、再認識する瞬間です

     蒸気機関車のキャラクターに夢中になっている時期に購入しました。
     でも、内容を見て、読むのを待ちました。
     もう少しお兄ちゃんになってからにしようと。
     そして、サンタクロースの存在に???の9歳に読みました。
     イヴの夜どこの家でも、
     『サンタが家に来るのを見てやろう』と,
     こどもたちは徹夜を決め込むのでしょうが、
     気づけば朝というパターンではないでしょうか。
     サンタクロースのの存在を友人と議論し始める年頃の主人公の男の子は、
     イヴの夜、家の前に蒸気機関車が止まり、それに乗って…。

     フランシス・ファーセラス・チャーチ「サンタクロースはいるんだ」ニューヨーク・サン誌掲載の社説(1897年)、あるいは『オハロンの手紙』を思い出しました。


     北極点の街のページで、声を無くして見つめていた息子。
     絵本のすばらしさを、再認識する瞬間です。
     鈴が届けられ、「うそ〜、いや〜よかったな〜」とニコニコ。
     まだサンタクロースを信じていたい我が息子は、妹のサラが 鈴の音が聞こえなくなったことを、「ちょっとさみしいね。」と、一言。
     11歳になった今年も彼は読むと思います。

     村上春樹さんの訳が、柔らかく優しい語りで、胸にしみ込んできます。
     息子から、孫へと手渡してもらいたい一冊です。
     大人の方にもこの季節お薦めの一冊です。

    掲載日:2009/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「急行「北極号」」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / じごくのそうべえ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット