たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ごんぎつね」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

ごんぎつね 作:新美 南吉
絵:黒井 健
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1986年08月
ISBN:9784039632708
評価スコア 4.86
評価ランキング 53
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひとり残されて

     教科書にものっている、お話です。このお話は、たくさんの画家さんとの絵本になっています。

     兵十は、母親を亡くし、ごんとも永遠の別れをしてしまいます。
     ひとりのこされて、どんな気持ちでいたんだろうと思うと、せつなくなります。
     人生には、どうしようもないことがあるんだと、教えてくれます。

     濃淡とぼかしが美しい絵は、深みがあります。ごんのしぐさがいきいきしています。
     ゆっくり読んで、じっくり味わいたい絵本です

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 繊細な絵に余韻が残ります

    教科書にも書かれているし、このお話はよく知っているのですが、視覚化すると何とも言い難い雰囲気の違いを感じさせられます。
    黒井さんの絵はごんぎつねの心を繊細に淡く描くことで、作品をさらに奥深い映像としたように思います。
    ごんぎつねはいたずら好きで、悪さばかり繰り返していたようですが、母親思いの兵十がとっていたウナギを逃がしたことと、母親の死が重なり、深く反省するのです。
    その心持が痛く伝わってくる描き方だと思います。
    しかし、兵十への罪滅ぼしと思って行うことが、兵十にとっては災難に変わってしまいます。
    最後にごんぎつねは銃で撃たれてしまいます。
    しかし、兵十は山の収穫物を届けていたのがごんぎつねだったことを知るのです。
    ごんぎつねが自分の行動を認められて息絶えるところは、黒井さんの絵でとても余韻が残る作品となりました。
    ここまでくると、絵本も芸術だと思います。
    他の絵本がひらがな表記であるのに、漢字を多用している点も考えると、高学年向けになっているように思います。

    掲載日:2011/04/30

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ごんぎつね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(62人)

絵本の評価(4.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット