貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あかりの花 中国苗族民話」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

あかりの花 中国苗族民話 再話:君島 久子
画:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年12月01日
ISBN:9784834001167
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,219
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 十五夜のお話だけど

    働き者のトーリン。
    トーリンの流した汗にユリの花が咲き、そして歌いました。
    トーリンが持ち帰ったユリの花から美しい娘(名前は?)が現れます。
    読んでいくと、娘はトーリンの汗の結晶だったと気がつきました。
    だけど、トーリンは娘と暮らすうち、裕福になり働くことを厭うようになります。
    娘はトーリンの働く姿が好きだったのです。
    娘は怠け者になったトーリンに働くよう哀願しますが、それも叶わず一人黙々と働いていると金鶏鳥に月の世界に連れ去られてしまいます。

    だいたいの物語はここで終わるのです。
    そして、だから怠けてはいけないんだと戒めに使われます。
    この物語には救いがありました。
    怠け者になったトーリンが、次々に物を売って糧を得ているうちに娘の残した刺繍を見つけます。
    その刺繍には、二人で働いた思い出が描かれている。
    トーリンは再び働き始めました。

    そして、また娘と再会しました。
    今度はトーリンの流した涙が娘を呼び戻したのです。
    二人は幸せに暮らしたというハッピーエンド。

    過ちや道を外すことはあるけれど、もう一度やり直そう。
    これはなにかかにかと、成長過程で悩める子どもたちにお薦めの展開。

    十五夜がキーワードになった物語。
    かぐや姫とは関係はなさそうですが、ぬくもりのある物語でした。

    掲載日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あかりの花 中国苗族民話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



木村カエラはじめての絵本出版記念連載

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット