しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ないたあかおに」 大人が読んだ みんなの声

ないたあかおに 作:浜田 廣介
絵:黒崎 義介
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1987年
ISBN:9784577013526
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,097
みんなの声 総数 30
「ないたあかおに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 考えさせられます!

    「ないたあかおに」のお話は私自身子供の頃にも読んだことがあり(どなたの絵のものかはわかりませんが)とても有名なお話ですよね。
    そして,たくさんの方が描かれていて絵によって雰囲気もずいぶん違うのでしょう。
    いずれ現在4歳の娘にも読んでほしいと思っています。
    こちらの「ないたあかおに」は,優しいタッチの絵で鬼の怖さなどはさほど感じないので幼児などにもいいかも知れません。
    友達,友情,相手を思いやる,実にさまざまなことが学べる絵本ですね。
    大人になった今,改めて読んでも素敵なお話だと痛感しました!

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼がよさそう

     このお話にはたくさんの画家さんが絵を描かれています。この絵本のおにたちは、ほんとうにやさしそうな顔をしています。人がよさそう、ではなく「鬼がよさそう」な表情です。
     それでもやっぱり、自分が村人だったら赤鬼と友達になれるかどうか、、、。

     何度読んでもしみじみするお話です。わかりやすい文章なので、小さな子にもぴったりです。
     

     

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情

    青おにくんの赤おにくんの願いを叶える為に自分が悪者になって去っていくのは、あまりにも切なさすぎます。その為に後になって赤おにくんはきっと村人たちと青おにくんのどちらかを選んだとしたら、青おにくんだったかも知れないのにって思いました。友情かもしれませんが、赤おにくんの幸せの為に身を引いたのかもしれませんが、鬼同士傍にいた方がよかったかなあなんて思ってしまった私でした。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ないたあかおに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット