あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

はるのゆきだるま」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

はるのゆきだるま 作・絵:石鍋芙佐子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1983年
ISBN:9784033303208
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,186
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆきだるま

    春に憧れる私には、ゆきだるまのきもちまで考えていなかったと気づかされた一冊の絵本でした。いつも浮かれ気分の私なので、春になったら消えてしまうゆきだるまもいるんだと、相手のとこを思いやる気持ちに欠けていたんだと反省させられました。動物たちは、やさしい気持ちは持っているけど遊びに夢中で雪だるまとも約束を忘れていたけど気づいてよかったと思いました。ラストはよかったと思いますが、とても切なくなりました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホロリとしました

    6歳4歳の娘たちに借りました。とーってもいいお話でした。

    ゆきだるまはいつもひとりぼっち。でも、そこに春を探しに動物たちが通っていきます。「春を探しにいくんだよ。」って。でも、春になったらゆきだるまは溶けてしまうんです。それを気付かない動物たちが春を見つけて戻ってくるとゆきだるまは溶けてしまっていて。動物たちはそこに春のお土産を置くんです。その後が感動。ホロリときました。ここからはぜひ手に取って読んでみてください。

    掲載日:2014/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はるのゆきだるま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット