なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

子うさぎましろのお話」 大人が読んだ みんなの声

子うさぎましろのお話 作:佐々木たづ
絵:三好碩也
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1970年01月
ISBN:9784591005309
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,989
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスの素敵なお話

    北の国に住むうさぎのましろは、クリスマスには、誰よりも早く、サンタクロースからプレゼントをもらうことができるのです。
    でも、それで、満足できずに、ちょっとずるいことをしてしまうのですが…
    うそをついてしまい、後悔するましろ、そして、そのうそに気づいていながらもそれをとがめないサンタクロース…
    その心が、また、新しいプレゼントへとつながっていくのです。
    本当に、心が温まる素敵なお話です。ましろの気持ちになって、ドキドキしながら読んでいる子どもたちの顔が浮かんできました。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひクリスマスに!

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    小学校で読み聞かせボランティアをしています。
    先生とお話していて、この絵本の話題が出たので、図書館で借りてきて
    読みました。
    私が声に出して読んでみて、13分くらい。
    朝の読書タイムは10分だし、あまりに長いと名作でも飽きてしまう子がいるので、
    私は読み聞かせには使わないなぁ、と思いましたが、
    とってもとっても素敵なお話なので、子供に読ませたいなぁと思いました。

    クリスマスツリーのなんて美しいこと!
    シンプルな挿絵で、色を使っているものの、塗ってはなくてカラフルな線なのです。
    それが物語を引き立て、雪の寒さや心の温かさなど、色々伝えてくれます。

    ましろがもし自分の子供だったら、つい「あなたが2個もらったらだめでしょう?
    みんな一個でしょう?」って言っちゃうかも。
    でも、サンタさんはましろのうそを正そうとはしません。
    それどころか一生懸命プレゼントを探して、翌年もにこにこお話を聞いて。
    サンタさんは、だからサンタさんになれるのでしょうね。
    そして、ましろが自分で反省して、考えたからこそ、奇跡が起こったのだなぁ!

    サンタさんはどうやって贈り物を準備するの?って、子供に聞かれた
    ことがありました。
    そんな質問があったら、お母さんがこの本を読んであげるといいかも!
    心がほんわかあったかくなる、クリスマスの素敵なお話です。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ましろの心情

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    白うさぎの子ましろのおはなし。
    ましろはサンタ・クロースのおじいさんからプレゼントをもらって
    大喜び。
    でも、欲が出て、変装して違う子のふりをして、プレゼントをもらおうとするのです。
    ましろがついた嘘とその結果。
    悔いた純真な心が起こした結果。
    子どもらしい心情の揺れが共感できました。
    もみの木に結実した、ましろの純真な行動が美しいです。
    日本産のクリスマスストーリーとしては貴重です。
    雪の降る音のような静かなストーリーが心に沁みました。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ましろの真っ直ぐさが気持ちいい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    三好さんのうさぎの「ましろ」の絵、可愛かったです。
    最初は自分本位でいたずらっ子だった「ましろ」が、自分の非をしっかり認めて改心する真っ直ぐなお話でした。
    この作品を読んだ子どもたちのにも、「ましろ」の真っ直ぐさが届いてくれるといいな。

    絵も大きくてとても読みやすいお話です。
    5,6歳から小学校の低学年くらいのお子さんに、クリスマスの時期にお薦めしたいです。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスのお話でしかも 来年が卯年なので この絵本を読んでみたくなりました。

    こうさぎの ましろは サンタさんから一番にプレゼントのケーキをもらって食べてしまい もっとほしくなり、悪知恵を働かせ 自分の体に墨を塗りサンタさんに嘘を言ってしまうのです
    サンタさんは ましろだと気がついていましたが・・・・たねをくれました。それから 自分のサンドイッチまであげます

    このサンタさんは 神様のように思えました!(だから うそだと知りながら、許されましろに 自分の嘘が悪かったと気がつくようにさせられたのだと思いました)

    ましろは たねを 神様にお返ししようと 雪を掘り 土に埋めるのです
    ここでましろは 反省し 良い心にもどっているのです。
    だから もとのましろにもどることができたのですね。

     本当に嘘をつく事は良くないことですが 悪いと知りながらも嘘をつくことがあるので 身につまされます・・・・(私も・・・)

    このお話は クリスマスのお話ですが 「イエスさま おたんじょうび おめでとう。」

    クリスマスの原点が書かれていて 私たちに伝えてくださったのだと思いました
    佐々木 たつ”さんのお話は 優しい心にさせてくれました
    みよし せきやさんの絵は シンプルで優しく サンタさんがイエス様のように描かれていると思いました。

    いろんなクリスマスの絵本がありますが 心優しくなれる良い絵本でした!

    掲載日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスに語りたいおはなし

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    日本人の作家さんが書いたクリスマスの本で、こんな素敵なものがあったのかと驚きました。

    子どもの気持ちをよく分かっていて、大人をだませたと思っていたのに、反対に自分が窮地に陥る。
    そんな経験があると思います。

    言葉の美しさにも感動します。
    絵がなくても、場面が想像できる素敵な文章です。
    作者の佐々木さんが目の不自由な方だからでしょうか。
    子ども達に伝えたいという思いが文章から感じてきます。
    来年のクリスマスにはお話会で語ってみたいです。

    掲載日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「子うさぎましろのお話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット