ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ババールのはくらんかい」 大人が読んだ みんなの声

ババールのはくらんかい 作・絵:ロラン・ド・ブリュノフ
訳:やがわ すみこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1975年
ISBN:9784566000070
評価スコア 3.86
評価ランキング 28,825
みんなの声 総数 6
「ババールのはくらんかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 博覧会

    ババールが博覧会を開いたお話です。

    キリンやサル等、さまざまな動物たちが国ごとに工夫を凝らしたやかたを作ります。
    個人的にはカバのやかたが面白くて良いなぁと思いました。
    登場している動物たちがみんな良い表情をしていることから、博覧会の楽しさが十分に伝わってきました。

    一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ババールの企画力

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    ババールシリーズ第8作目。
    ぞうの国の王様ババールが建設した都セレストビルの創立記念日を前に、
    彼は盛大な博覧会を企画します。
    いつもながら、ババール王の企画力に脱帽です。
    事前準備から広報まで、完璧ですね。
    さあ、テープカットで開幕、各パビリオン(?)が魅力的です。
    ババールの子ども達が夢中になるのもうなずけますね。
    前作に出てきたあひるが出てきているのも嬉しいですね。
    いつもながら、展開の豊かさに感嘆しました。
    ババールの世界に、子ども達が夢中になるのも納得です。

    掲載日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ババールのはくらんかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット