とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
日本絵本賞読者賞にノミネート! 投票してくださいね

あな」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

あな 作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1983年03月
ISBN:9784834009217
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,422
みんなの声 総数 109
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 分かる分かる

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    誰にも邪魔されたくない自分だけの場所。ぼくのあな。やいやい言われず、聞かれず、ゆっくり一人でいたい。
    分かる分かる。ってなりました。
    何かあるとカーテンの裏に隠れる息子も、穴は怖いけど、分かる分かる。って共感していました。

    掲載日:2017/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮

    珍しく上下に開いていく絵本です。ひろしくんが、一生懸命にあなを掘っていく、ただそれだけなんですが、なんだか人ってこんなとこがあるなーと思わせてくれます。ひろしくんの自分だけのあなというとこが大切なんでしょうね。きっと、ひろしくん達成感を存分に味わったでしょう。

    掲載日:2014/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み手を引き込みます

    「あな」という題名と、谷川俊太郎さん作ということで、もっと不思議な世界が広がるのかと思ったのですが、意外と分かりやすかったです。とはいっても、ひたすら穴を掘っていくひろしの姿に、想像力をかきたてられる本です。

    なんで掘っているの?
    この穴どうするの?
    と、見に来たみんなも読んでいる私たちも気になります。

    そんな中で、お父さんだけは「あせるなよ、あせっちゃだめだ」「なかなかいいあなができたな」と声をかけてくれます。こんな言葉をかけられるなんて、きっと、このお父さんも子供の頃同じように穴を掘ったんじゃないかしら??と、密かに思いました。

    最後に、「ゆっくりあなをうめはじめた」という文でお話を終えると、3歳・6歳の子供たちから同時に「なんで〜!」の声。「ゆきこが言うように、水を入れたらいいのに」「せっかく掘ったのに」など、いつの間にか、読んでいる子供たちにとっても大事な穴になっていたようです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルな気持ち

    娘はどう感じたか今ひとつ判りませんが
    私自身はこの絵本を読んで 共感しました。
    子どもの頃ってただただ意味もなくやる遊びって結構あったと思います。
    なにをするでもなく穴を掘って、
    掘って掘って掘り進んだ先には何があるのだろう??とか考えたものです。
    さすがにこの絵本の男の子のように
    自分が入れる穴は作ったことはないですが
    自分がすっぽり入れる穴って心地よいだろうなあと思いました。
    穴から見る空が違って見えるっていうのもいいですよねー
    大人の今でもやってみたい。
    すごくシンプルな気持ちがこの中には溢れているなと感じます。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもはあなをほる生き物☆

    息子も大きなシャベルで胸くらいまでの穴を掘りました。
    この、絵本に登場する男の子のようにさわやかにではなく、力いっぱい泥だらけになりながら汗をかきかき掘りました。

    出られなくなるかもという気持ちになったので終了。
    もちろん絵本と同様、穴は埋めさせました。

    絵本では、土の中の小さな虫たちが見え隠れしたり、空を飛ぶチョウがいたり、ひんやりした土の感触を楽しんでいます。

    本当に穴をほることができない環境の子どもたちにとっては疑似体験できる面白い絵本だと思います。

    掲載日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくりと時間が流れます

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子7歳、男の子0歳

    日曜日の朝、何もすることがない主人公が「穴を掘る」お話です。

    ただ掘り続けていくだけなのですが、
    その単純なくり返しが、子供には面白いようです。

    穴の中から見る空は、いつもの空となんだか違って見えたり、
    そんななんでもないことを教えてくれます。

    何でも急がせてしまう大人に、ゆっくりとした時間を教えてくれます。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット