大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ちびゴリラのちびちび」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちびゴリラのちびちび 作・絵:ルース・ボーンスタイン
訳:岩田 みみ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,250+税
発行日:1978年8月
ISBN:9784593500772
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,163
みんなの声 総数 183
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大好き!!!

    親の感想は・・・
    読み終わった瞬間・・・心が温かくなりました。
    とぼけたちびちびの表情が癒してくれます。

    子供の感想は・・・
    ちびちび おもしろい!!! ぼくも大好き!!!


    「みんな ちびちびが だいすきでした」

    世界中の子供たちの心の中にこの言葉が届いたらいいのにな〜と思いました。(ちびちびという所を自分の名前に置き換えて・・・)


    もし淋しくなったら この本を読んでほしい。
    そして・・・大好きって思ってくれている人がいることを思い出して また元気になってほしい。
    いつまでも手元に置いておきたい絵本だと思います。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • とても愛おしい絵本

    • ccさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    保育園の貸し出し図書にあって、1歳頃から何度も読んでいます。

    とても温かみのある絵で、ちびちびが森のみんなからとても可愛がられているのを感じます。
    4歳になった今も大好きで、読んだ後は二人で大好きと言い合っています。
    この絵本を読んであげると、子ども自身もいろいろな人に愛されていると感じているように思います。
    読んだ後、とてもほっこりした気持ちになれる絵本です。

    全ての子どもがちびちびのように、みんなから愛される存在であってほしいと願います。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きのオンパレード

    森のみんなに見守られ、愛されながら、スクスクと成長していくちびちび。
    「○○はちびごりらがだいすきでした」の繰り返しで、ページをめくってもめくっても大好きのオンパレード。
    「だいすき」という言葉を何度も声にしているうちに、読んであげる側も優しい気持ちになれます。
    平和な日々の中で唯一起きる大事件は、ちびちびがとっても大きくなってしまう事ですが、それでも何一つ変わる事なく、ちびちびは皆のちびちび。
    「大人になっても、ずっとずっと大好きだよ」と息子にいつも言っているのですが、この絵本はそれを物語ってくれていて、息子も自分に置き換えながら見ているようです。

    掲載日:2016/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙はずっと昔に見た記憶があって、どんなお話だったかな〜って思いながら開いたら、短いけどほっこりあったかい気持ちになる絵本でした。

    何も考えず、娘の誕生日に読んであげたらお誕生日にぴったりでした。4歳になる娘なので、絵本的には短いかもしれないけれどちびちびがずっとちびちびなのが気に入ったみたいでその日は何度も読んで!と言われました。
    ふと考えたら、弟ができてからお姉ちゃんお姉ちゃんと言われていたけど娘はずっと私たちからしたら子供でかわらないんだな〜って親の私がこの絵本で諭された感じがしました。
    「なんで大きくなってもちびちびなの〜?」と何度も聞く娘に少しお姉ちゃんを求めすぎてたかなと思い少し反省して何度もむぎゅってしてしましました。
    何度か読んだ後、子供たちがもっともっといとおしくなり、ほっこりあったかい気持ちになる感じがしました。
    子育てがいっぱいいっぱいなときにこそ読んであげたい絵本だなと思います。

    娘はすぐに絵本を覚えてしまい、弟によんであげてました。
    「ね、大きくなってもちびちびなんだよ〜!○○くん(弟)も大きくなっても○○くんだもんね〜ずっとパパとママの子供なんだよ〜」と一生懸命お姉ちゃんしてる娘にまたちょっとうるっと来たりです・・・

    であってよかった絵本です。

    掲載日:2014/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心があたたまります

    • ユキノユリさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子4歳、男の子3歳、女の子1歳

    読めば読むほど心が温まります。

    すべてのこどもたちが,
    家族だけでなく,地域の人,先生,
    いろんな人たちに愛されるようになると
    いいなあと思いました。

    ちびちびの体が大きくなっても,
    みんながちびちびの誕生日を祝ってくれ,
    変わらず愛してくれているラストに
    ちょっと涙が出ました。

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きくなっても・・・

    小さくてかわいいちびゴリラがみんなは大好き。
    でも、大きくなったちびゴリラのことも大好き。
    いくつになっても、成長しても、チビゴリラはチビゴリラ。
    子供たちもいつかは成長しても、愛すべき存在であることにはかわりないということを改めて教えられる一冊です。

    掲載日:2008/12/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちびゴリラのちびちび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのにちようび / ぴょーん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット