ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

おっきょちゃんとかっぱ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

おっきょちゃんとかっぱ 作:長谷川 摂子
絵:降矢 なな
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1997年08月
ISBN:9784834014648
評価スコア 4.78
評価ランキング 433
みんなの声 総数 86
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やっぱり私人間がいい

    昨年の夏読んで、気になっていた絵本をもう一度読んでみました。

    カッパのガータロに誘われて、カッパの国に行ったおっきょちゃん。楽しくて、人間でいたときを忘れていきます。
    それを思い出させてくれたのはお母さんの作ってくれた人形。
    思い出せば思い出すほど、元の世界に帰りたくなったおっきょちゃん。
    ガータロとそのお母さんが、おっきょちゃんの帰りを手伝ってくれました。

    カッパの世界の楽しさ。打解けてしまえば、とても仲のいい社会でした。
    それでも自分はカッパじゃない。
    帰りつけるだろうか?はらはらどきどきさせる絵本です。
    スイカの中に入って人間社会にもどったおっきょちゃん。
    夏向きの絵本だと思います。

    そして、日本の情緒感にとても訴えるものを持っています。
    この絵本を見直して気になったのは、お母さんの作ってくれた人形。
    人間社会に戻れたスイカの中にそっといました。
    ページを戻せば、おっきょちゃんが一人裏の川で遊んでいたとき遊び相手はこの人形でした。
    人形と遊びあきたときにカッパが登場したのでしょう。
    最後には友達と遊んでいるおっきょちゃんですが、標題紙のところでは水遊びする子どもたちから離れ一人服を着ています。
    友達から相手にされず、さびしくておっきょちゃんは人形と遊んでいたのです。
    おっきょちゃんは一緒に遊べる友達が欲しかったのです。
    カッパの世界は楽しかった。
    でも、自分は人間。
    人形がおっきょちゃんに自分を取り戻させてくれた意味は大きい。
    そして、人間の世界に戻れたことはとても良かったけど、戻れないかもしれないという不安感をこの絵本は伝えてくれています。

    一人ぼっちだったおっきょちゃんと人形のことをいかに浮かび上がらせるかが、この絵本を読む上でのポイントだと思いました。

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おっきょちゃんとかっぱ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

とんことり / とけいのほん 1 / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(86人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット