おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

いちご」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

いちご 作・絵:平山 和子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1989年04月
ISBN:9784834008340
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,971
みんなの声 総数 179
「いちご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • きれいな絵

    平山和子さんの絵が繊細で美しく、細部まで見入ってしまいます。

    苺といえば表紙の苺の果実を思い浮かべますが、
    この本では苺の一生(?)が描かれていて、おもしろいです。

    読み手と苺の二人語りという点もユニーク。
    文字が色分けされているので、混同しません。
    読み聞かせる時は声色を変えて読みました。

    苺は春にしか手に入らないので、苺が買えない時期はせがまれると困りますが、これを見せて「ほらね、今は苺さんがこんな状態なのよ」と教えてあげると納得してくれるかも?

    掲載日:2015/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちごだいすき

    いちごが大好きな息子に読みました。
    表紙はいちごの実ですが、本を開くと初めは苗のみ
    それが育っていちごになる。
    食べ物としてのいちごしか知らなかった息子は
    とても興味深そうにじっとみつめていました。

    いちごの実もぷっくり太って美味しそうで、
    息子はつまんで私や夫に食べさせたりして遊んでいます。
    また、ちょうちょうやてんとう虫も見つけては
    教えてくれるなど、読むたびに色々な発見があるようで
    一ヶ月近くずっとお気に入りで
    繰り返し読んでいます。

    本物のいちごの苗を見せたくなって、
    先日はいちご狩りに行ってきました。
    見て味わって、とても楽しんでいました。

    季節の果物を食べるだけでなく、
    その育ちから学ぶのできる
    とても秀逸な本だと思います。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • くだもの

    いちごが大好きで、同じ平山和子さんの『くだもの』の絵本も好きな息子に。
    冬から始まり花が咲いて実がなって…だんだん美味しいいちごに近づく様子が書いてあります。
    肝心ないつも食べている赤い美味しいいちごの絵は最後にしか登場しないので、ちょっと早いかな…と思ったのですが、意外と喜んで見ています。
    赤いいちごに近づいてくると、にやにや〜としてきて、赤く美味しくなると嬉しそうな声をだして食べるまねをしています。
    何度も読んでいると予想ができるようになって、ますます楽しそうです。

    掲載日:2015/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちごいっぱい食べたいな

    いちごが大好物の息子。
    最後のパージでいちごがたくさん出てくると、一粒一粒食べる振り。
    どうやっていちごになるのか、今ははっきりわかってなくても、いつか理解してくれると思います。
    いちご狩りの前にはしっかり読み聞かせしたいと思います。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本でいちご狩り

    • 入浴さん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    赤ちゃんのころから、いちごが大好きな娘。

    もちろんいちごが沢山でてくる、この絵本も大好きです。

    絵本のいちごを摘んで食べるマネをして、「あー、もうお腹いっぱい」とよく遊びました。

    この絵本を読んでいたおかげか、実際にいちご狩りに行った時も、赤いのが甘いということが最初から分かっていたようです。


    平山和子さんの「くだもの」も良かったですが、娘は「いちご」の方が好きでした。 
    どちらもお勧めです。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • みずみずしい

    同じ平山和子さんの「くだもの」がお気に入りの娘に読みました。
    いちごが大好きな子なので、絵本を開いただけで目を輝かせます。
    平山和子さんの絵は本当に写実的なので大人が見ても「本物かな?」と思ってしまうくらいみずみずしいいちごが描かれています。
    娘はいちごがたくさん描かれたページになると、ひとつひとつのいちごを指でつまんでお口の中に入れる真似をしていました。
    ついそうやってしまいたくなる気持ち、一緒に読んでいる私もわかります。
    また普段はスーパーで売っているパックに入ったいちごしか見たことがないので、どうやっていちごが実になっていくのかがわかるこの絵本はとてもいいと思います。

    掲載日:2013/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもおいしそう♪

    娘は、いちごがだぁーいすき!!
    なのでこの絵本を見つけたときは、私も嬉しかった
    ですし、娘も興奮気味!!
    中もとってもかわいらしくて、なおかついちごの
    成長の様子がしっかりと描かれていて、まるで
    図鑑のような絵本です。
    今は旬ではないので、いちごがあまり売っていない
    のですが、とっても食べたくなりました♪

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳

    1歳の男の子と一緒に読みました。植物を育てることは食育にも良いだろうと思ったので、この本を選びました。こうして食べ物が育っていく過程を絵本でゆっくり見れるっていいなって思いました。「やさい」や「くだもの」もとても綺麗ですが、この本のイラストもすごく綺麗で期待を裏切らない良い作品でした。

    掲載日:2012/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちごが実るまで

    冬、まだ雪の残る畑のいちごの苗からお話が始まります。
    暖かくなるのを待ち、あおい実がなり、やがて赤く甘くなります。

    いちごの苗と会話するようにお話がすすんでいくのが、おもしろいと思います。

    1才の子に読みましたが、教えたわけでもないのに、赤いいちごをつまんで食べるマネをしました。
    「あーん、おいち」と。

    真っ赤でみずみずしいいちごは、思わず手が出てしまいます。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちごができるまで

    0歳から「くだもの」と「やさい」を読んでいて、1歳になってこの「いちご」を読みました。いちごの実がなる過程が描かれています。実が緑から赤に変化する様子、すっぱいからあまいに変化する様子、子供には勉強になるなーと思いました。「もうすこし待っててね」のセリフが好きです。単にいちご好きの子に読むだけでなく、食育にも最適な本だと思いました。実際にいちご、育ててみたくなります。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いちご」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / やさい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(179人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット