十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

いちご」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

いちご 作・絵:平山 和子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1989年04月
ISBN:9784834008340
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,970
みんなの声 総数 179
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いちご大好き

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    いちご大好きな娘に読みました。
    雪の下でもいちごは強いんだなーとか思ってくれたかな?
    お店で売っている赤いいちごしか見たことないと思うので青いいちご等、勉強になったと思います。
    赤いいちごができたシーンではやはり親子で採ってお口に入れる真似をしてしまいます。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう

    息子が3歳の頃に読みました。
    「暖かくなるまでまっていてね」と苺がやさしく語りかけてくれます。
    息子ももちろん苺は大好きなので、じっくりお話を聞いていました。
    大好きな苺は、ゆっくり長い時間をかけて赤く、甘くなっていくのですね。

    苺を食べるときに、「この苺も、雪の中暖かくなるのをジッと待っていたのかなー」と
    思いながら口に入れると、もっと、もっと、苺が好きになるかもしれません。

    最後のページで、おいしそうな苺に、思わず、息子と「いただきまーす」
    絵本に手が伸びてしまいました(笑)

    今度は、苺の苗を買ってきて息子と一緒に育ててみようかな。
    きっと喜んでくれるなーなんて、この絵本を読みながら思いました。

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のお気に入りです

    いちごが出来るまでの成長過程をこの1冊で学べます。

    3歳の息子は繰り返し読んで欲しがる程お気に入り。

    文字が黒と赤に別れているんですが、赤は成長途中のいちご自身がお話しています。

    声を変えて読むととても楽しめます。

    いちごの実がなり始めた時、息子は「わぁ^^」と嬉しそうでした。

    文章少なめなので、2歳以降のお子様から読み聞かせOKかなと思います。

    私自身もいちごがどうやって出来るのか詳しく知らなかったのでお勉強になりました^^



    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • イチゴの季節が待ち遠しいね♪

    3歳の娘が図書館で選んだ一冊です。

    「赤ちゃんぽいかな?」と思ったのですが、イチゴの大きくなる様子に興味シンシンでした。本当に美しい絵で、親子してイチゴを食べたくなってしまったほどです。

    平山和子さんの絵本は子育て支援センターで何度も読んでいただいたものの、自宅の本棚にはありませんでした。次女が楽しめる頃に揃えたいなと思いました。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう〜

    いちごを食べない息子ですが・・・
    リアルな絵のいちごをパクパクと食べてました(笑)

    いちごの成長が分かりやすく描かれています。

    絵が本当にお上手で思わず見惚れてしまいます。

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちごの成長がよくわかりました

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳

    0歳のときに購入した平山和子さんの「くだもの」の絵が大好きで、
    今読んでも「おいしそうねぇ」といって、
    手に取ってパクパクなんて動作をしていたりします。
    さすがにこの絵本は簡単過ぎるかな、
    なんて思いながら読んでみたのですが、
    いやいや、バカにできないですね、
    いちごの成長過程がよ〜くわかりました。
    最初はいちごとはわからない葉っぱだけ。
    そこに「わたしはいちごです」「わたしもいちごです」っていう文。
    簡単なのに子供にもよく分かる!
    そんな調子で冬を耐えて待ち、春につぼみができ、
    花が咲き、緑のすっぱい実がなり、大きくなり、だんだん赤くなり、
    そして何ともいえないほどみずみずしい甘くておいしそうないちごが
    たくさんなりました。
    そして「さあ、どうぞ」
    食卓に並ぶいちごがこの過程を踏んできていることを知り、
    今後いっそういちごがおいしく感じるにちがいありません。(私も!)

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が綺麗。

    このシリーズは全て絵がリアルで写真??って思う程丁寧に
    書かれてます。
    文章もいちごがなっていく様をやさしい感じで表現してます。

    幼稚園で借りてきたんですが、下の子も読むと吸いこまれて
    しまうみたいです。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物みたい!

    描かれている絵がまるで本物みたい!
    特にボールに入ったいちごはぴかぴかのつやつやで
    思わず手を出したくなります。
    ああ、しかし。
    家でもいちごを作っていますが、こんな風にぴかぴかの
    つやつやのおっきいいちごにはなかなかならないのですよねえ(哀)。
    と、家のいちごとくらべてほんの少し悲しい気持ちにもなったり。
    鳥に食べられた跡があったり、ちんちくりんの変な形だったり
    畑の土がついていたり。
    娘はいちごの様子よりてんとうむしを見つけて喜んでいます
    (いちごがどんな風に出来ていくのか知っているからせいかなあ?)

    いちごをスーパーでしか見たことのない子どもちゃんなどに
    どんな風に出来るのか教えてあげるのにとてもいい絵本だと思います。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当においしそう!

    • よにんこママさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子3歳、女の子0歳

    我が家の子どもたちが
    みんな大好きな絵本。

    3歳の子はもちろん、
    5歳、7歳のお兄ちゃんたちも
    赤くおいしそうに実ったいちごを
    つまんでぱくっと食べるまねをします!

    それくらい、みずみずしく描かれたいちごたち。

    冬の、茶色だったはっぱがだんだん育って
    やがていちごが実る
    その過程も、こどもたちをわくわくさせるのかも。

    まだまだ、みんなで楽しめそうです。

    掲載日:2010/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう

    • ナォコ☆さん
    • 20代
    • ママ
    • 香川県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    いちごが大好きな息子です
    この絵本のいちごの絵は本物そっくり
    本物より美味しそうかもしれません
    子供は
    はいどうぞ 
    のページでは本当に手を伸ばして食べるフリをしますね
    そこが可愛いです
    赤いいちごだけでなく緑のもみつけて
    「これはまだ食べれんね」って指差して教えてくれたり
    一緒に楽しめる絵本です

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いちご」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / やさい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(179人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット