しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

うごいちゃ だめ!」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

うごいちゃ だめ! 作:エリカ・シルヴァマン
絵:S.D. シンドラー
訳:せな あいこ
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年03月
ISBN:9784900656147
評価スコア 4.81
評価ランキング 226
みんなの声 総数 47
「うごいちゃ だめ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どうぞうみたい!

     この本は、とてもおもしろい本だと思いました。
    だって、あひるは、「あたしって なんて およぐのが じょうずなのかしら」って、自分で自分をほめていたからです。

     あひるとがちょうは、「うごいたらまけ」きょうそうをしました。
    その時、私は、すごいな、と思いました。

     私だったら、自分のまわりに、はちがぶんぶん飛んでいたら、
    わあ〜ってにげちゃうけど、がちょうとあひるは、どうぞうみたいに、
    羽1本もぞもぞさせなかったからです。

     あと、自分の背中でうさぎがすべり台がわりにしてあそんでいたら、私だったら「やめて」って言って、うさぎをはらいのけちゃうけど、
    がちょうとあひるは、ぴくりともうごかなくて、ぶつぞうみたいだったのがおもしろかったです。

     きつねは、あひるとがちょうがぴくりともうごかなかったから、
    しんじゃったと思って、ふくろに入れて、おりょうりにしようって言ったとき、私はどきどき、そわそわしてしまいました。
    でも、あひるとがちょうは、うごかなくて、私は、心の中で、
    「早くにげて! 早くにげて!」とさけんでしまいました。

     それで、とうとう、あひるは、がちょうのために、きつねのはなさきにかみつきました。
    私は、ほっとむねをなでおろしました。

     けっきょく、「うごいたらまけ」きょうそうの本当のチャンピオンは、きまらなかったので、私は、ガーンとなったけど、2人が友だちになったので、よかったな、と思いました。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • みんな、ぴたっ

    低学年によみきかせしました。
    ざわざわして落ち着かないときも、表紙を見せて「うごいちゃだめ!」で、みんなぴたっと止まります(笑)一瞬ですけどね。

    ほんとうのチャンピオンを決めるため「うごいたらまけ」きょうそうを始めたあひるさんとがちょうさん。
    どんな邪魔が入っても置物のように動かない二羽の勝負に子どもたちも興味しんしん。
    邪魔が入るくりかえしのパターンにちょっと飽きた子も出てくるころ、きつねが登場!で、みんな一気に緊張。
    ハラハラドキドキでラストまで、ひっぱります。
    最後は「ほっ」でめでたしめでたし。

    お友達同士で競争したり張り合うこともあるだろうし、子どもたちもお話の中に入りやすかったみたいです。

    それにしても、きつねの穴に連れて行かれても、まだ動かないあひるとがちょうって…。
    そんなことしてる場合か!と心の中で突っ込みながらも、あひるさんの葛藤はとってもリアルで共感してしまいます。
    意地になってるし、自分からやめるのは勇気いるよね。
    だからやっぱりあひるさんはほんとうのチャンピオンなんですね。

    絵も大好きです。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ママなら・・・

     評判どおりのおもしろい絵本でした! 
    娘といっしょに、「どうなっちゃうんだろう」と、ハラハラしながら読みました。本当に面白い絵本というのは、いくつになっても、2,3歳の頃のように、純粋に楽しめるんだなあ、と絵本のよろこびを改めて実感した思いです。

     娘も、「ママなら、はちがぶーんと飛んできただけで、大騒ぎしちゃうでしょ!」と笑いながら、2羽の我慢比べに感心しきっていました。

     最後がほのぼのしていて、またいいですね。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • スリル満点のうごいちゃだめ!競争

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    読み聞かせお勧めの絵本の本棚に置いてあり、手にとりました。

    うごいちゃだめ競争を始めたあひるとがちょう。
    次々襲ってくるトラブルを我慢して、両者いい勝負。
    でも最後にキツネに捕まって・・・。
    競争に負けても、逃げるか?
    ぎりぎりまで動かないで、チャンピオンになるか?
    さて、どうする???

    1996年初版の本、
    教科書に載っていそうな(私の勝手なイメージですが)繊細な絵の感じ、
    日本図書館協会選定図書
    全国学校図書館協議会選定図書
    厚生省中央児童福祉審議会推薦
    ・・・ということで、まじめなお話かと思いきや、
    読んでみたら、後半の展開がスリル満点!

    気に入って、2年生のクラスで読み聞かせをしました。
    負けず嫌いなお年頃の子どもたち、
    あひるとがちょうのチャンピオン争いにニヤニヤ。
    それが後半「これやばいんじゃないの?」って顔になり、真剣に聞いてくれたのが印象的でした。

    ちょっと長いですが、繰り返しが多く、難解ではありません。
    長めのお話が聞けるようになる年長さん位から、小学校中学年位までのお子さんにおススメです。
    A4変型と大きな絵本で、読み聞かせにもぴったりです。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • プライドか友情か

    • YUKKEさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子0歳

    仲良しのあひるとがちょうが始めたのは
    「うごいたら まけ」競争。
    チャンピオンにどうしてもなりたい二人(二羽)は、
    なにがあってもぴくりとも動きません。
    そんな二人に訪れた究極の選択の時。
    果たしてあひるは、友情とプライドどちらを選ぶのか!!!
    繰り返しの文章は、本来は安心感をもたらすものですが、
    この本については読み手も聞き手も最後までドキドキ。
    あたたかく、立体感のあるイラストが、
    物語をさらに面白くしています。
    幼児から小学生までの読み聞かせに最適です!

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うごいちゃ だめ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / バムとケロのにちようび / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット