おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

やこうれっしゃ」 大人が読んだ みんなの声

やこうれっしゃ 作・絵:西村 繁男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1983年03月
ISBN:9784834009224
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,807
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 作者の狙い

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    鉄道好きの私には最高に興味深い絵本です
    セリフがないのにどこからともなく、汽笛の音や機関車の音、駅での乗客たちのざわめきが聞こえてくるようです

    寝台車で子どもが泣くと困っちゃうだろうな〜なんてすっかり作者の狙いにはまってしまいました

    これは大人が見ても楽しい!
    さすが西村さん!

    掲載日:2011/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 文字の無い本

    上野から北国へ向かう夜行列車の本です。
    文字はありません。
    着ている服などが懐かしく郷愁をそそります。
    この本の面白さは、行くときとついたときは、列車の外側が描かれているのですが、
    走っている間は、列車の中が描かれている点です。
    それなのに、外の風景や乗客の行動で、時間(夜出発して朝になる)や場所の推移(都会から北国へ)が連続して変化していくのが、面白いです。
    乗客がそれぞれ、何の為にこの列車に乗ったのかが服装などで分かるのも面白いです。
    0歳児はまだ良く分かっていません。4才〜と書いてあるので、将来楽しんでもらえると嬉しいです。

    掲載日:2011/04/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 旅は大掛かりなひと仕事

    「がたごと がたごと」(童心社)と同じアングルの列車の絵本です。

    夜行列車(夜汽車)は、随分乗っていませんねぇ〜。
    寝台車も座席車も乗りましたが、眠りが浅かった記憶が鮮明です。
    特に、修学旅行でワイワイガヤガヤ夜通しトランプをしたことが懐かしいです。

    扉絵の家族の服装、ひと見開き目の駅の様子から、戦後の昭和〜昭和40年代の感じがします。

    スキー客も見えるので、季節は冬のようです。
    深夜の冷たい空気と冬のにおいが伝わってきます。

    何度も何度も、行きつ戻りつ、乗客の様子を眺めました。
    このころは、旅は大掛かりなひと仕事だったんだなぁ〜って、しみじみ思いました。

    とっても懐かしい思いに浸ることができました。

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふるびない、おもしろさ

    久々に読み直しました。
    文字はなく、夜行列車の様子を描いています。
    人々の服装や列車の様子は、今とはすっかりちがっていますが、それでも絵本のおもしろさは古びません。
    いろんな目的をもって、夜行列車にのる人々。旅にでるわくわく感や、久々に田舎へ帰ることへの楽しみなど、描かれた人を細かくみていきながら、想像がふくらみます。実際、いろんな音も聞こえてくるようです。
    列車にのって、どこかへ行きたくなりました。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私は特別鉄道が好きという訳でもないのですが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    何と言うか見ていると胸の奥がわさわさとする本です。昔の電車ってこんな感じだったなーと思いながら1ページごとにめくっていくと、出発から到着までの様子が、実によく細かいところまで描かれています。最近はこういう電車、見なくなりましたね…。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜行列車の中の様子

    字のない絵本でした。
    夜行列車の中での様子が、細かく描かれていたと思います。
    乗ったことが無いのですが、夜行列車には興味があったので、とても面白かったです。
    列車の中には赤ちゃんも多くいて、大変そうだったなーと思いました。

    掲載日:2013/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上野発で金沢経由、冬の能登を目指す夜行列車。
    私には思い出深い列車なのですが、今は親の世代でも、知らない人が多いかも知れません。
    車中に描かれている人々の姿にノスタルジーを感じていたら、当たり前のようにして気づいたことがあります。
    今ではあり得ないことですが、夜行列車の中で、携帯やスマホを見つめたり、イヤホンから聞こえる音楽で自分の世界に入っている人などいなかったのです。
    他者の生活がそばにあった。
    同じ時間を共有できる空間があった。
    当たり前のことですが、自分の世界にこもっていたら、周りへの関心は薄らいでしまいます。
    同じ列車にいろんな人の生活がある。
    子どもたちには、周りの人々への関心を大切にして、排他的にならないように、そんなポイントを意識しながら紹介したいと思います。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鉄ヲタの夫が

    電車大好きな夫が図書館でみつけて借りてきました。
    やこうれっしゃに乗る人々の姿を見て「あっ、これはおふろやさんの!」と
    鉄ヲタではない私もうれしくなりました。
    昭和を楽しく過ごしてきた身としては、西村さんの細かい昭和の描写に
    どきどきしてしまいます。夫は電車にどきどきしますが、私は細かい描写に
    どきどきします。不思議です。

    一番最初のページは上野駅ね。私がよく利用していた「あさま」もあるでは
    ないか!ああ、昔父が持っていたスキーのケースはこんなのだったこんなのだった。
    寝台車には乗ったことがないのでよくわかりませんが(笑)。
    途中停車している駅は高崎駅かしら?
    長野から母の実家がある東京に行く時にきょうだいげんかをしていると
    「高崎でおろしちゃうわよ!」と怒られとても怖かった記憶がよみがえります。
    娘は昭和を知らないので(昭和どころか平成のことだってまだよくわかって
    いないですね)、この絵本を見せてもふーんという感じでした。
    昭和を知る大人のための絵本ですね。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昭和だなあ。

    これだけ人が描かれているのに、どこかのどかな印象を受けました。
    寝顔を隠すためにコートをかぶっている人など
    身に覚えのある動作がいろいろあって面白いです。
    寝姿ひとつとっても様々です。
    ノスタルジックな気分に浸れました。

    掲載日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 情緒たっぷり

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子13歳、女の子12歳

    年を重ねた年代の方には嬉しい本だと思う
    たんたんと進む時間の経過と人の様は、自分の想像でストーリーが
    出来て楽しい
    字がないですからね・・・

    隅々まで楽しめます。ページをいったりきたりしながら
    本が終ると共に列車も到着します

    ホントに昔の日本の活気ある感じが伝わってくる様です。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やこうれっしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット