ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ぼく おかあさんのこと…」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼく おかあさんのこと… 作:酒井 駒子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784894232617
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,972
みんなの声 総数 164
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大好きだけれど、泣きたくなってしまう?

    • 梅桃さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子5歳

    息子の5歳の誕生日に初めて読んであげました。
    5歳の子には、少し物足りないかな?と思いましたが、いまも「よるくま」が大好きなのと、あまりに物語の「おかあさん」と「ぼく」が、自分と息子にそっくりで・・・。

    私の予想以上に気に入った様子で、一度読み終えると「もう一回」と言い。
    そして、もう一度読むと「あと6回読んで!」と言い出すくらい。
    さすがに6回は無理だと思い「じゃあ、あと一回読んだら全部で3回だから、それで終わりにしようね」と約束して、もう一回。

    読み終えると、私の方を向いたとたんに顔がくしゃっとゆがんで突然泣き出し・・・。しばらく甘え泣きをしました。
    自分と重なる部分があったのか、物語に入り込んでホッとしたのか。
    何かとても感じ入るところがあったのでしょう。

    本を読みはじめて1ヶ月、いまだ本を読んだ後は少しベソをかいています。
    でも本当に大好きなようで、自分の前にぬいぐるみを並べては、私そっくりに読んであげたりもしています。
    自分で読み終えた後は、ずいぶん誇らしげにしているんですけどね。

    掲載日:2009/08/19

    参考になりました
    感謝
    5
  • かわいい坊や♪

    酒井駒子さんの描くうさぎの坊や、なんてかわいいんだろう…。

    「ぼく おかあさんのこと キライ」といきなり始まり、不意を突かれますが、
    ねぼすけで、ドラマばっかり見て、すぐ怒るから、となると頷かざるをえません。
    いえ、大いに身に覚えがあります…笑。

    このうさぎのぼうやが怒っているのには他にも理由があって、
    それが「おかあさんとけっこん」するのをムリと言われたから、というもの。

    次男は、まだこのうさぎの坊やのような、かわいいこと言ってくれます。
    そんな時期もあともう少し…なのは長男で既に経験済み。
    なので、この「至福の時」を味わいたいと思います…笑。
    該当年齢のお子さんをお持ちの方、必読!

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • え?!わたしのこと?

    酒井駒子さんの絵は、いつもやさしくて、かわいくて、切ないです。子どもの心の葛藤が痛いほど伝わってきます。
    ねぼすけで、ドラマばっかりみてて、すぐおこる。はやくしなさいっていうわりに自分はゆっくりしてる。ここに描かれているおかあさんが、自分のことのように思えてドキッとしてしまいました。自分勝手なおかあさんでも、子どもは求めているんですよね。ちょっと心が痛みました。
    7歳の長女が5歳の次女に読んであげていました。娘たちは「1度読んだらもういい」といった感じです。大人向けの絵本かもしれません。

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人へのメッセージ

    息子と私との日常に当てはまる部分が多くて
    思わず涙しました。
    よく「ママなんて大嫌い」と
    言われます。しかし、それは本心でないことを
    お互いよくわかっています。
    どんな母親でも、やはり好きでいてくれる子供、
    そんな子供たちが愛しくてたまりません。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキ! 我が家が絵本に...

    まるで私たち親子がモデルでは...
    と思ってしまう ちょっぴり反省させられる 楽しい絵本です。

    日曜日の朝は、子供がおなかすいた〜って言っても 起きないし..

    はやく はやく はやくしなさいって言うくせに 自分はゆっくりしてる。
    あ〜耳が痛い...

    最初は私が読んであげましたが、2回目からは 演技付きで劇のようにして楽しく 何回も何回もやらされました...

    掲載日:2009/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼく おかあさんのこと…」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット