雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

おだんごぱん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

おだんごぱん 作:(ロシア民話)
絵:脇田 和
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1966年5月1日
ISBN:9784834000573
評価スコア 4.34
評価ランキング 10,467
みんなの声 総数 114
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 保育園で貸し出しをしていたのをきっかけに読みました。「ぼくはてんかのおだんごぱん…」と言って、色々な動物たちから逃げ回るようすがとても面白かったです。繰り返しでてくるセリフが心地よく、子どもが覚えて真似していました。おだんごぱんがキツネの顔に近づいていくにつれて、親子でひやひやしながら読めて、楽しかったです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • にげろにげろ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    おだんごぱんを食べようとするみんなからにげろにげろなおだんごぱんのお話です。
    おだんごぱんが歌いながら逃げていく繰り返し絵本で楽しいです。
    このお話はほかにもしょうがぼうやだったり、パンケーキだったり、いろいろなパターンがあるお話ですね。
    内容そのものは難しくないのですが、文章量を考えるとやはり4歳くらいからのほうがいい絵本と感じました。いっしょに聞いていた2歳児は途中でどこかへ行ってしまいました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっけないのがいいのかも

    一見、地味で面白みのない絵のような感じがしてしまいますが、読みはじめると本当にパンが動き出してくるから不思議です。
    おだんごぱんは、途中でうさぎやオオカミ、クマにつかまりそうになるのですが、歌を歌って逃げ出します。その繰り返しが楽しく、お話が進むにつれて読んでいる私も楽しくなっていきました。
    おだんごぱんの最後は、なんともあっけないもの。はじめはビックリしましたが、このあっけなさが「もう1回読んで」とリクエストされる理由かも。やっぱり民話ってスゴいなと思いました。

    掲載日:2014/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆる〜い絵で、じんわりとあじわいを感じるお話です。
    貧しいおじさん、おばあさんが粉ばこにわずかに残った小麦粉をごしごし引っ掻いて集めて、やっと作ったおだんごぱんなのに、何と身勝手、転がって逃げ出します。
    次々と出合う動物たちをバカにしたような、おだんごぱんの表情がなんと楽しいです。
    キツネのしてやったりという表情も楽しいです。
    幼児には楽しいお話。
    表紙の絵が、なんとも微笑ましくて魅力的です。

    掲載日:2013/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • くりかえしが楽しい絵本です

    楽しい歌を繰り返す。
    4歳の娘は繰り返しが楽しいのか
    何度も「読んで」と言います。
    おだんごぱん。題名を聞くと2歳の息子必ず「美味しそう」
    と言います。
    娘もまねをして、「おだんごぱん」、「美味しそう」を繰り返します。
    素朴なおだんごぱんの絵も本当に美味しそうです。
    娘はきつねが嫌いなのかきつねがでると、「だめだよね!」
    と怒ります。
    その様子が面白くて、読んであげるのも楽しいです。

    掲載日:2012/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しそう

    パンの美味しそうな描写がたびたび出てきます。
    娘がなんだかパンが食べたくなってきちゃった、
    おだんごぱん作ってと言いました。

    キツネさんの賢さには、なかなかやるなと思いました。
    だけど、パンなのに、なんで食べられたくないんだろうねと
    娘、不思議に思ったようです。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大合唱

    • きのぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    民話がもとになっているだけあって、話がおもしろいです。
    そして、優しいタッチの絵が温かい気持ちにさせてくれます。

    我が家では適当にメロディーをつけて歌っています。
    めちゃくちゃな歌なのですが、これが好評!!
    何度も歌わされているうちに、子どもたちも覚えて一緒に歌いながら読むようになりました。

    子どもは大満足。
    大人はぐったり・・・なのですが、こんなにも話に入り込めるのだから仕方がないですかね。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ええっ?!

    • ひなぎぬさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    おだんごみたいに、まん丸な「おだんごぱん」。
    「アンパンマン」みたいだね〜、と言って娘と読み進んでいました。
    おじいさんからもおばあさんからも、森の動物たちからも逃げ出すおだんごぱん。
    「ぼくは誰にも食べられない!」。
    そうだ、逃げろ逃げろ〜、とおだんごぱんに感情移入して読んでいると・・・。
    ええっ?
    衝撃のラスト。
    きつねに騙されて、食べられてしまいました。
    「おだんごぱん、死んじゃったの?」としょんぼりする娘。
    パンは食べられて幸せなんだよ、と無理やりハッピーエンドにすべきか、
    きつねは頭がいいね、ときつねを褒めておくべきか、
    こざかしい大人の感想は一切言わないほうがいいのか、
    なんともコメントに困ってしまいました。
    (でも、昔話ってそういうものですよね)

    掲載日:2010/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勝手に飛び出すのがおもしろい

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     民話好きの次女が、よく借りてくるうちの一つがこれです。
     食べようと思って粉をかき集めて作るパンがおだんごぱん。なのになぜか、食べられまいと、逃げてしまいます。
     その後の掛け合いが、歌になっていて読み手の腕が試されるかもしれません。とにかく逃げようとするパンがかわいいのです。
     なぜか次女はパンが飛び出すというところでげらげら笑います。そこが笑いのツボみたいです。
     民話なので少し教訓めいていますが、この絵本の絵がとても淡くてかわいらしいので、そんな気がなく読めてしまうと思います。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとこわい

    • おつぶさん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子6歳

    繰り返すフレーズが多いので子供は楽しいようです。寓話的なお話しで、調子にのったおだんごぱんが食べられてしまいます。そのおだんごぱんを食べたキツネの顔が目が据わってて無表情でこわいです。訳もさることながらモヤがかかったような絵がとてもお話に合っています。

    掲載日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おだんごぱん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット