すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

ジルベルトとかぜ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ジルベルトとかぜ 作・絵:マリー・ホール・エッツ
訳:たなべいすず
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1975年
ISBN:9784572002112
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,288
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 風と友達

    エッツの『わたしとあそんで』という絵本が大好きなのですが、その絵本に似ているので、『わたしとあそんで』の男の子バージョンかしら?と思って手に取りました。
    ジルベルトは風と友達。風は風船を隠してしまったり、傘を壊したりしてしまうけれど、リンゴを落としてくれたり、舟を走らせてくれる。なんでもない風景が、素敵な一瞬になるのがすごいです。
    絵を見ているだけで、風がそこに吹いているように感じられる、気持ちのよい絵本です。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 童心

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳、

    こどもは遊びや空想の天才です。そう、風も立派な遊び仲間。
    風と戯れるこどもの姿がとてもみずみずしく描かれていて、童心を呼び覚まされる思いがしました。こどもなら誰もが体験するような日常のひとコマがとてもいきいきと切り取られていて感心しました。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな時間

    ジルベルトが
    かぜと
    たわむれて遊ぶ姿が
    本当に
    かわいい!

    すべてのものに
    いのちがあるように感じられる
    小さければ小さいころのほうが
    子どもは共感できるのではないのかな?

    我が家では
    3歳ぐらいから読んでいましたが、
    久しく読んでいませんでした。
    6歳の先日、読んだら
    「わかる、わかる!」と
    うなづいて聞いていました。

    まだまだ夢の中時代が続いているようです。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ジルベルトとかぜ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット