1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!

おひさまがいっぱい」 大人が読んだ みんなの声

おひさまがいっぱい 作:よだ じゅんいち
絵:ほりうち せいいち
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年
ISBN:9784494004041
評価スコア 4
評価ランキング 19,278
みんなの声 総数 20
「おひさまがいっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 堀内誠一さん

    堀内誠一さんが絵を担当なさっている作品だったのでこの絵本を選びました。使われている紙が横の線が強調されている紙でそのお陰で絵の微妙な影や光がいい味を出しており素晴らしい紙の選択だなと思いました。堀内誠一さんの絵が素晴しい詩と合わさって輝きを放っている作品でした。特に夜の闇を照らす星の場面にはうっとりしました。詩の余韻が堀内誠一さんの絵の魅力と共に心に残る素敵な作品でした。

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんなうつらうつらとしてしまう光の中

    しっているのは だれでしょう、、、という文章で
    つながってゆく きれいな絵本です。
    ねずみのちーちーから、ゆらめくカーテンへ
    カーテンから、またたくお星さまへというふうに
    愛らしい絵がつながってゆきます
    途中から、詩というよりは、かわいいお話が展開してゆきます。
    南仏の絵のようなきれいな色。
    バラの花、赤いドア、揺れるカーテン、こねこと子犬とねずみのちーちー
    みんなうつらうつらとしてしまうおひさまにあふれた景色です。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「古き良き時代」の世界…かな。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    この作品は1975年に第1刷目が発行しています。
    今から40年近く前の絵本なんですね!
    詩の旋律はとても心地よいのですが、正直、今読むと絵本のなかの世界の時代の古さを感じてしまいました。
    アメリカでいうところの1960年代の「古き良き時代」みたいな…。
    なんというか、今の子どもたちの感性と少し違うかな〜って、感じです。
    ただ、素敵な絵本には違いないので、今の子どもたちに紹介して、反応を見るのも楽しいかな〜。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おひさまがいっぱい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / くだもの / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / となりのせきのますだくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はじめてずかん415』 編集者 瀬島明子さんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット