だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おとうさんはウルトラマン」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

おとうさんはウルトラマン 作・絵:宮西 達也
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,170+税
発行日:1996年05月
ISBN:9784052007330
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,141
みんなの声 総数 85
「おとうさんはウルトラマン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パパは違う!パパと一緒!

    パパ本シリーズ♪
    家の兄上君は、ママが読むパパの本が好きなようです。

    この絵本のお父さんは

    強くて
    優しくて
    お母さんにはちょっと弱く
    子供には甘い

    そんなお話を聞きながら
    お父さんは強い・・・というところでは
    「パパと一緒だね!パパも強いもんねー!」
    お父さんが子供に甘い・・・というところでは
    「うちのパパは違うね!」「怖いもんね!」
    なんて、話の途中途中で嬉しそうに合いの手を入れてくれます。
    そして、私まで、
    お父さんは叱る!けど、仕事の後片付けをしない・・・というところで
    「パパと一緒だね〜!困っちゃうよね〜!」なんて
    兄上と一緒になって楽しんでいます。

    夜の仕事をしている我が家のパパ。
    この、『おとうさんはウルトラマン』に限らず、
    パパ系絵本のパパとは職業も性格もまったく違います。
    それでも、兄上君はそんな絵本の中のパパと自分のパパを
    照らし合わせて楽しんでいます。
    我が家では、
    寝かしつけの絵本として兄上がチョイスする絵本ランキング上位です♪

    掲載日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    6
  • うちのパパが泣いてしまいました

    どんなに仕事がハードでも子供と遊ぶエネルギーだけは残しておく、強くて心優しいウルトラマンパパ。
    最高にいかしています。
    子どもの頃、ウルトラマンが大好きだったという主人にこの絵本を見せたところ
    「よしよし、俺が読んでやるよ」と息子を膝に座らせ、最初のうちは快調に読み聞かせていたのですが、
    途中から声が聞こえなくなったと思ったら、ポロポロ涙をこぼして泣いていました。
    子どもが描いた「パパの絵」をみて涙ぐむウルトラマンパパに共感してしまったそうです。
    日々懸命に、精一杯の愛情を注いで子どもを育てているお父さん、お母さんなら、みんなぐっときてしまう本だと思います。

    掲載日:2009/11/02

    参考になりました
    感謝
    6
  • パパ嫌い克服にも

    • DOGさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子4歳

    ママっ子の息子がパパと二人きりになるといつも泣いていたのに、この本を読んでからは、パパの見方が変わったのか、にっこり。
    今ではパパっ子になりすぎ、ちょっぴりさみしいくらいですが・・
    父親という存在(父親の仕事・役割)を子供が知るのにいいのではないかと思いました。
    ウルトラマンも大好きになり、父子の関係もとてもとても素晴らしいものになるきっかけをくれた、息子のお気に入りの1冊です。

    掲載日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    4
  • おとうさんがんばってる

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    おとうさんが毎日黒い服をきて(スーツ)
    出かけていく姿に不可解なものを感じていた息子。
    「仕事」とはいうものの漠然としていて何とも腑に落ちない息子に
    この絵本を読んでみました

    どんな風に感じ、とらえたかはわかりかねますが
    お父さんががんばっているということだけ
    わかったんじゃないかなぁって思います

    実はとても深く、
    私は泣けてくるような気持ちになってしまいました

    掲載日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子どもと夫に読んであげたい

    地球の平和を守る強くてかっこいいウルトラマンが、もしも結婚して妻と息子がいたら・・・。

      おとうさんは とても つよい。
      おとうさんは とてつもなく つよい。でも・・・・・・
      めちゃくちゃ よわい あいても いる。
      (↑それは息子だということが絵でわかります。)

    そんな子煩悩な、人間味あふれるウルトラマンのお話。
    ウルトラマンのお話なのにいつの間にか夫と重ね合わせて見てしまい、娘にだけでなく、いつも頑張って仕事をしている夫にも読んであげたくなりました。

    掲載日:2009/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ウルトラマン好きに

    ウルトラマン命の我がむすこ。ウルトラマンがでているだけで、怪獣が出ているだけで、満足だったようです。
    怪獣も知っているものだらけ。

    でもうちでは、おとうさんの反応がいまいち。おとうさんが読むのオススメとの意見もあると思いますが。まあ、うちはおとうさんをこういう風に(がんばってるぞ風?)に書いてる感じがちょっと違うかなと。

    ウルトラマン好きにはおすすめです。怪獣もいっぱいでてきますよ。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパのがんばりがつたわる

    最近 戦闘もののTVに夢中な息子が好きそうと思ったら
    表紙をみただけで よんでよんで! と気に入ってくれました

    パパはつよい!
    がんばる! でもこどもに甘い!
    なんていう うんうん ホントそうだって 読んでてうなづける内容でした
    いつも 絵本のよみきかせにあんまり興味を示していないパパも
    この絵本いいな!と興味津々。
    パパの頑張りもアピールできるような絵本。
    普段ママよりも一緒に子どもと過ごさない分
    こうして パパは外で頑張ってるんだぞ〜って子どもに伝えてくのって
    必要なのかもしれませんね

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんは、がんばる!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    そうそう、ウルトラマン世代の子どもは、
    いまやお父さん、お母さんになってるはず。

    「ウルトラマン」と聞けば、懐かしい。
    敵の怪獣も怖いけど、どこか親しみがわいてくる。
    バルタン星人に、ゼットン。レッドキングに、ダダ!
    ピグモンは、可愛かったな〜。

    「ウルトラマン」は、永遠のヒーロー。
    でも、そのヒーローも、おとうさんになったら・・・

    発想が面白い。
    お父さんになったぼく(宮西達也さん自身)を、ウルトラマンに置き換えて綴った、
    おとうさんの子育て奮闘記になっています。

    おとうさんは、強い。でも・・・弱い相手もいる。
    おとうさんは、泣かない。でも・・・泣きたくなることもある。
    おとうさんは、傷ついても戦う。でも・・・こどもの怪我には弱い。

    「うん、うん」とすべてのおはなしに納得してしまうのは、
    まさに、その時代を共にした世代だからだと思う。
    他のお父さん、お母さんも、共感している方々も多いはず。

    おとうさんは、しつけに厳しい。でも・・・
    お仕事(怪獣退治)の後片付けは、苦手!

    思わず、笑ってしまいました。(なるほど、そうでした。)

    うちは、娘はウルトラマンを知らないし、
    主人も、テレビッ子でなかったので、会話になりません。
    ちょっと淋しいですが・・・(涙)
    お父さんと、男の子のコミュニケーションのツールとして、
    おおいに利用してみてはいかがでしょう?

    掲載日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいばかりではないお父さん

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子3歳、男の子2歳

    家族のために毎日頑張るウルトラマンのお父さん。
    カッコイイばかりではなくて、悩みもあったり、甘い部分もある、憎めないウルトラ父さんです。
    2〜3歳だとまだその「味」は伝わらないかもしれないけど、5〜6歳にもなれば、この絵本で、優しいお父さんの苦労とか有難味が伝わるかな?

    掲載日:2010/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウルトラ世代じゃなくても…

    本屋で見かけ、ウルトラマン世代の主人としてはふと懐かしくなったそうで買ってきました。本当はウルトラマンよりずっと後の「ウルトラマンエース世代」だそうなんですが(私はよく分からないんですが)、エースはなかったそうです。
    もちろん息子はウルトラマンは知らないんですが、主人が「これがバルタン星人」「これがダダ」「これがゴモラや」と逐一名前を教え暗唱させていました。その2人の後ろ姿が、まるでこの絵本の1シーンのようで、味わい深く…あの寄り添う背中はちょっと忘れられそうにありません。
    私も読んだんですが、ストーリーは4コママンガみたいで小気味いいです。どのお話も微笑ましく、読み進めるたびに家族の良さがじわじわ染み込んでくる、温かい絵本でした。もちろんウルトラマン世代じゃなくても、オススメです!

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おとうさんはウルトラマン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / だるまさんが / ちょっとだけ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット