くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ふたつのいちご」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふたつのいちご 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\550+税
発行日:1987年10月
ISBN:9784834004168
評価スコア 4.76
評価ランキング 614
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かすみちゃんのものがたり

    以前読んだこちらの本と3冊セットのれいちゃんのおはなしが気に入ったので読んでみました。
    おとうさん、おかあさんのためにいちごをさがすかずみちゃんは優しくていい子だなーと思いました。
    うさぎの家族が登場したりするかすみちゃんの素敵なものがたりでした。
    ラストもいいですね。

    掲載日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族ってあったかい

    1歳八ヶ月の息子へ。
    三歳から、という絵本ですが大丈夫です。
    家族のためにうさぎさんの家にいったり
    とても可愛らしい話しです。
    文章は長いのでまだしっかり聞けませんが
    苺がでてくると声を出したり
    ウサギさんが出るので嬉しそうです。

    家族みんなでクリスマスを過ごすって
    あったかいなーと思います。
    子供も林明子さんの優しい絵がすきなようです。

    このシリーズ、この時期に飾っていますよ。

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳前でもお気に入り

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     まだ早いよね…と思いながら、でもクリスマスシーズンだし…と読みました。
     うさぎがあわてて逃げたので、いちごが雪の上に転がってしまう場面では、いちごに手を伸ばして「ぱくっ」と食べる真似をしていました。
     読み終わってからもぶつぶつ本を読む真似をするなど、お気に入りの様子でした。
     片手で持てる大きさなので、片手抱っこでもOK。クリスマスプレゼントにもぴったりだと思います。

    掲載日:2008/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふたつのいちご」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / おふろだいすき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット