庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

せかいいち おおきなうち りこうになったかたつむりのはなし」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

せかいいち おおきなうち りこうになったかたつむりのはなし 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1969年
ISBN:9784769020035
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,915
みんなの声 総数 65
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 真の幸福とは

    この作品を息子に読み聞かせようと表紙を見せたら、「あ!学校で読んだことがあるよ。大きなうちより小さなうちの方がいいんだっていう話!」と答えが返ってきました。よほど印象深かったのでしょう。

    「大人になったら世界一大きなうちがほしい」と言うちびかたつむりに、お父さんが、昔同じように大きなうちを欲しがったかたつむりの話を聞かせてやります。

    どんなに大きく美しいうちを持っても、結果動けず死んでしまったかたつむり・・・それを聞き、ちびかたつむりも小さいうちにしておこうと思い直します。

    人間の世界でも、必要以上に大きな家に住んだり、立派な車に乗ったり、あるいは美しく着飾ったりすることがありますが、何事も身の丈にあった生活が一番、欲張りすぎるのはよくないことを考えさせられる内容でした。

    でもそれ以上に感じたのは、「真の幸福とは何ぞや」というもっと根本的な人生観のようなものです。
    ちびかたつむりにとって、最初は世界一大きなうちに住むことが、自分にとっての幸せだと思っていた。でも、たとえうちは小さくとも、美しい自然や素晴らしい世界を思い切り自由に見て回れることが、もっと幸せなことだと気づいたのです。

    現代には、物質的には恵まれていても、幸せを感じられない人が数多くいるように感じます。そういう人にこそ、是非読んでもらいたい作品だと思いました。

    また、レオ=レオニの作品を幾つか読んでみましたが、作品によって抽象的な挿絵だったり、色々な技法が施されてあったり、どれも美しく工夫があって素晴らしいと感じました。
    特にこの作品では、最後の場面の自然の美しさが印象的です。小石や松ぼっくり、木の幹などが細部にわたって描かれ、目を見張るようでした。

    掲載日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せかいいち おおきなうち りこうになったかたつむりのはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / どうぞのいす / もこ もこもこ / おおきなかぶ / はじめてのおつかい / こんとあき / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

全ページためしよみ
年齢別絵本セット