十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

はりねずみのはりこ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

はりねずみのはりこ 作・絵:なかや みわ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784834015645
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,927
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 悩み

    はりねずみといえば背中のチクチク。

    そのチクチクのせいで、みんなみたいにカワイイ服が

    きれなくて悩んでいるお話でした。

    あれこれ試している姿が、少し切ないです。

    やっぱり女の子、オシャレしたいのは当たり前。

    鏡の前でニコニコしている絵をみて安心しました。

    最後のお茶会はまるで女子会みたいでした。

    優しいおばあちゃんでよかったね。

    掲載日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • はりこの素敵なお洋服に注目

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    娘はかわいいお洋服が大好き。
    毎日、今日はどんな服を着るか、自分でコーディネイトしています。
    そんな娘にちょうどいい絵本でした。
    みどころは、とげとげ背中のはりこに似合う服を
    みんなで考案するところ。
    ふわふわ羊毛のお洋服、カラフル木の実のお洋服、
    どれもとっても素敵なのに、
    なかなか長持ちしません。
    どんな服がいいかな?って一緒に考えながら読みました。
    最後は予想通りおばあちゃんがはりこにぴったりの服を作ってくれます。
    娘はそれを見て大喜び。「わたしも持ってるね」と。
    とってもかわいいお話でした。

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • はりねずみの宿命・・・

    なかやみわさんの絵本は、あんまり主役にならないような物が
    主人公になって、その物の特徴を生かしているので
    いつも面白いなぁって思っています。

    今回の主人公は、はりねずみのはりこ。
    おばあちゃんが作ったお洋服をお届けに行くのですが
    その服が着てみたいはりこ。
    でも、背中の針が邪魔をしちゃいます。

    お友達が「こうしてみたら?」と言うアイデアが面白いのですが、
    それが上手くいかなくて。

    でも、がっかりするだけで終わらないのがこの絵本。
    おばあちゃんが素敵な物を用意してくれますよ♪

    3才の娘は、絵本の中に出てくる服を見て「これがいい☆」と選んで
    楽しそうでした。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっこりあったかい。

    「くろくん」以来はまっているなかやさんの作品です。
    これも面白かった!
    好きな作家さんに出会えると嬉しくなります。
    一気に世界が広がる感じがして
    この読書の楽しさを娘にも感じてもらえていると嬉しいです。

    はりねずみのはりこちゃんのおばあちゃんがお洋服作りの名人。
    くじゃくさんやひつじさんに各々の体型や特性にあった服を作って
    はりこちゃんがお届けにあがるという内容です。
    それを見たはりこちゃんはみんなの服がとっても羨ましくなるんだけど
    自分が着ても背中の針が邪魔で全然似合いません。
    悲しくなっていたらおばあちゃんがはりこちゃん用のエプロンを作ってくれるという心温まるお話。

    さりげないやさしさや気遣いがちりばめられていて
    読み終わったあとにほっこりする感じです。

    登場する動物たちにも特徴があって一気に絵本の世界に入り込めました。

    なかや先生らしいあたたかさに包まれた一冊です。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなやさしい!

    はりねずみのおばあちゃんが、はりこに作ってくれたもの・・・考えても考えても私には思いつきませんでした。
    ページをめくって納得!これなら、はりこにぴったりですね。

    おばあちゃんがぴったりのものを作ってくれるまでにも、森の動物たちが「じゃあ、こうしてみたら?」といろいろなアイデアで、はりこのおしゃれを応援してくれる・・・私はこのあたりの場面が好きです。

    なかやみわさんの作品は、絵もかわいいうえに、心あたたまるお話が多いので大好きです。

    掲載日:2008/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はりねずみのはりこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット