もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ぼくのぱん わたしのぱん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくのぱん わたしのぱん 作:神沢 利子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1981年02月02日
ISBN:9784834008494
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,538
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パンの作り方が適切です。

    子どもが2〜3歳のころ、繰り返し繰り返し読みました。
    寝る前にこの本を読んだところ、息子はパンが食べたくなり、
    歯磨きした後だったのにもかかわらず、
    「ぱんぱん」と大騒ぎされて、
    パンを与えてしまったこともありました。

    私も長いことパンを作ってきましたが、
    この本のパンの作り方はオーソドックスで、
    誰にでも作れる適切な方法だと思いますので、
    食育に良い本だと思います。
    いつも食べているパンがこんなふうに作られている、
    ということがよくわかります。

    ただし、一点。
    牛乳や卵を入れるともっとおいしくなる、
    という記述がありますが、これは気になります。
    今や、牛乳や卵を入れるのは、
    菓子パンやブリオッシュくらい。
    甘くふわふわなパンを作るときに使います。

    フランスパンはどちらも使わないのが基本ですし、
    カンパーニュなどの田舎パンも使いません。
    食パンにも使わない店のが多いでしょう。

    本が書かれた40年前は、
    きっと牛乳や卵を入れた甘くふわふわのパンは
    贅沢品だったのだろうなと思います。
    時代を感じる表現です。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいにおい〜

    パン屋さんってとっても美味しそうなにおいがしますよね。
    この本は読んでいるだけで、あまーいパンの匂いが伝わってきそう。
    2歳の息子には内容はまだ難しいと思うのですが、何度も「読んで」と持ってきます。
    きっと息子もパンのいいにおいを感じているのかな。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と一緒に読みました。パンが大好き、お料理も大好きなのでこの本をチョイス。とっても気に入ってもう一時期は毎日のように読みました。ちょっと長いお話ですが、2歳の娘はパンができるまでのそれぞれの工程がどれも楽しいらしく長い間真剣にずっと聞いてくれています。オーブンを「てんび」と書いてあるところに時代を感じました。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    この本読むとついパンが食べたくなりますね。本当は作りたくならないと行けないんでしょうけど、パン作りが苦手なので子供たちには一度も作ってあげたことがありません。反省です。でもこの本は見ているだけで楽しいのです。子供達も何度も何度も見てました。もちろん孫も大好きです。動物の形のパンを見て食べたそうにしています。パンが好きなお子さんには面白い本だと思います。

    掲載日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンそのもののような、味わいのある絵本

    • リネットさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    もうすっかり大人になっている私の妹が、幼少期に読んでいた絵本。息子に読んであげようと、久方ぶりに手に取ってみてびっくり!

    この絵本も林明子さんの絵だったんだ!!

    「はじめてのおつかい」「こんとあき」…なぜか私や妹が心惹かれる絵本の絵は、林明子さんの描いたものでした。当然子供の頃にその名前を知るはずもなく、ただ私たちの感性がその絵を好き!と呼んでいました。

    息子もこの絵本が大のお気に入り。
    一時は毎晩毎晩読んでいたので、文字が読めないはずの息子が、私と声を合わせて本文をすらすらと読んでしまうほど。
    何がそんなにこの子を惹きつけるんだろう?
    やっぱりこの柔らかい絵?
    美味しそうに描かれているパン?

    3人姉弟が、仲良くパンを作る行程が時間をおって描かれているのですが、途中でケンカしたり、汗をかくほどいっしょうけんめい協力しあったり、勇んで作ったパンが思いがけない形になってびっくりしたり…芳醇なパンの香りと共に、ほんわかと姉弟の愛情も伝わってくるような、優しい絵本です。

    絵本のしめくくりに、パンという食べ物…小麦という植物とそれを食べるわたしたちのことについて触れられています。
    とてもシンプルな言葉なのだけれど、しっかり「食育」にもつながるような言葉です。

    ただの子供向けパン作りレシピ本の枠には収まらない、深い味わいのある…まさにパンそのもののような絵本なのです!!

    掲載日:2008/10/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくのぱん わたしのぱん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(55人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット