十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ひゅるひゅる」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ひゅるひゅる 作・絵:せな けいこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1993年06月
ISBN:9784494004379
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,433
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ばちがあたりますよ。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    娘が小さかった時は、
    まったく興味がなかったせなけいこさんのおばけの絵本を、
    季節柄もあってか、最近、自然と読んでみたくなった。

    「侍ことば」・・・とでもいうのだろうか。
    語りの「ござる。」という言葉に、こどもたちは新鮮味を覚えるようだ。
    テンポもいい。

    内容は、昔話にある「いい人」と「悪い人」が出てくる。
    当然ながら、いい人は報われるが、悪い人には罰がある。

    せなけいこさんの定番のおばけが、しっかり登場。

    そうそう、かっぱをいじめてまで、欲を出してはいけない。
    ばちがあたるぞ。

    個人的に、かっぱの子どもと親が再会したシーンの絵がお気に入り。

    掲載日:2014/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな笛欲しい〜

    かっぱさんからもらった笛がとっても気に入ってました。笛を吹くと、魚がいっぱい集まってくるのです!!夏に魚釣りに行ったときに、全然釣れなかったので、今度はこんな笛を持って魚釣りに出かけていきたいって言ってました。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリーがある

    せなけいこさんの絵本は良い意味でナンセンスというか大人が読んでも楽しめるシュールな感じのが多いと個人的に思うのですが、これはストーリーが子供にはっきり分かりやすいですね。
    せっしゃがかっぱの子供を釣ってしまい、返してと頼みに来たかっぱの母が持ってきた笛のおかげで大漁大漁♪
    それを見ていた悪者が真似してみたら、もらった笛はおばけが集まる笛‥というわかりやすいお話です。
    語尾がおもしろいです。

    3歳の長女には教訓的なものはまだ伝わってなさそうだったけど、じっと最後まで聞いていました。
    せなけいこさんの絵はとってもほっこりしていてかわいいもんね。

    掲載日:2010/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ひゅるひゅる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / わたしのワンピース / となりのトトロ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット