おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ともだち ひきとりや」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ともだち ひきとりや 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年02月
ISBN:9784032320800
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,319
みんなの声 総数 83
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  「ともだちや」シリーズ、今回の中心はイノシシとイタチです。

     お互いに大事な友だちなのに、つい親分風を吹かせすぎるイノシシ・・・
    そこでキツネとオオカミが「友だちひきとりや」をかってでます。

     でもイノシシが、いざイタチを引き取ってもらうと、一人ぼっちの何と寂しくてつまらないこと!
    そこへタイミングよく再び「ひきとりや」が現れて、今度は「いばりやイノシシ」をおひきとり・・・
    キツネ&オオカミ、グッジョブ!です☆

     キツネとオオカミがお互い最高の友だちだと感じてるように、イノシシとイタチもまた最高の友だち
    なんですよね。

     テンポ良く読める文章、そして「ひきとりや」キツネのメイク(裏表紙にはメイクの様子も!)が
    何とも可愛く、オススメの1冊です。

    掲載日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友達になれて良かったね

    7歳の息子と4歳の娘に読み聞かせました。

    仲良しのおおかみさんときつねさんが
    うまく友達になれていないイノシシさんとイタチさんの
    為に一肌脱ぎます。

    うまいやり方だなぁなんて感心しちゃいました。

    最後には仲良くなれて良かったね。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • またもや衝撃的な商売

    「えー、ひきとりやです。いらないともだちいませんか。いらないともだちひきとります。」またまた衝撃的な商売(言葉)でした。

    「ともだちいりませんか」で始まったこのシリーズが、後々、その二人が引き取り屋になるなんて、だれが想像できたことでしょう。キツネとオオカミは基本、性格が良いんですね。ちょっと見直しました。

    でも、どうしても、みんなが2人ずつの仲良しペアになるのが気になります。と言うより正直なところ、私自身が羨ましいのかな.... でも、これがこの後の作品の『あいつもともだち』に繋がるのかもしれませんね。

    それにしても、ミミズクじいさんが何でも見抜いているのがすごいです!

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達シリーズ大好きです

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子4歳

    頭のいい、キツネさんに脱帽です。

    「いらないともだちはいませんか」

    というフレーズには、子どもたちも違和感を感じたらしく、

    「え〜!?」

    っていう思いでお話に吸い込まれていったようです。

    嫉妬心を煽って本当の気持ちに気づかせるなんて、なかなか思いつかないようですが、

    実は嫉妬って、小さな子どものうちからある感情だったなあって思い出したりしました。

    子供達もそんな思いをしたことがあるのでしょうか、

    難しいかと思いましたが、内容もよく理解していました。

    やっぱり友達シリーズ、はずしはないです。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きって、きっと理屈じゃない。

     キツネがまた商売?
     それもオオカミと?
     
     〈ともだちや〉の時の格好も良かったけれど、今回のキツネも良いな〜。
     つながりまゆげに、もんぺに頭巾。
     お化粧がまたイケテル〜(笑)。

     〈ともだちひきとりや〉をするこの二人の本意は、友だちがステキって事を伝えたいからでした。
     なにより、この二人はそれをわかってますもんね。

     はたから見たら、イノシシとイタチの関係は理解できない。
     あんないばりん坊とよくつきあうもんだ。
     子分のように従えて遊んで何が楽しいんだ。
     
     でも理屈じゃない。
     好きって、きっと理屈じゃない。
     だから、イノシシは自分も引き取ってもらったし、イタチもかけよって来るんですね。

     何度もけんかはするだろうけれど、“好き”があれば、謝ることも仲直りの方法を考えることも、だんだん上手になるでしょう。


     キツネはオオカミにこっそりめくばせしました。

     の一文が最高です。
     お疲れ〜、オオカミ・キツネ。

    掲載日:2010/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ともだち ひきとりや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / はらぺこあおむし / くだもの / もこ もこもこ / いないいないばあ / おおきなかぶ / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(83人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット