ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

えんぴつびな」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

えんぴつびな 作:長崎 源之助
絵:長谷川 知子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1984年
ISBN:9784323002842
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,289
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 残酷な戦争

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    これは雛祭りの絵本だと思って読むと、大変ショックを受けてしまいます
    まちがいなく戦争に関するお話ですね
    えんぴつびなをくれた大切な友人の命を奪った怒り、悲しみが戦争の残酷さを子供にも分かりやすく表現しています
    「ばかっ!・・・うそつき!」の言葉に悲しみをこらえた女の子の悲しみが子供にもわかるようです
    戦争体験者の作者だからこそ訴えられるものがあるんだと思います

    掲載日:2010/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまりに哀しいひな祭り

    ひな祭りの絵本だと思ってひょいと手にしてみたら、胸を切りつけるような哀しい話でした。
    戦時中のひな祭り。
    シンペイちゃんがえんぴつで作ってくれたおひな様が、シンペイちゃんの形見になってしまいました。
    戦争で家を焼かれたため転校してきた私を気にかけてくれたシンペイちゃん。
    いたずらっ子で、勉強嫌いでい、心やさしいシンペイちゃん。
    三人官女を作ってくれると約束した日に、自分が空襲で死んでしまうなんて。
    えんぴつびなが宝物になりました。
    ひな祭りだから、女の子にとってこれほど哀しい話はないと思います。
    読み終えてしばらく放心状態でした。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「えんぴつびな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おおきなかぶ / おふろだいすき / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット