ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

すてきな三にんぐみ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

すてきな三にんぐみ 作・絵:トミー・アンゲラー
訳:今江 祥智
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784033270203
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,416
みんなの声 総数 258
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • こわい→すてき

     この絵本を最初に見た時の印象は「こわい…」でした。それは子ども達にとってもお同じで、怖いものが好きな子は「読んで!」、怖いものが苦手て子は、「読まないで!」とはっきり分かれます。やはりまっくろな3人組はインパクトがあり、「怖い話なんだろうな…」と思いますよね。

     でも「すてき」なお話です。怖かった3人組は、ティファニーちゃんとの出会いを境に、素敵な3人組になります。話が終わると安心感から、ほっこりとした気持ちになります。

     ビッグブックもあり、お話会で重宝させてもらっています。

    掲載日:2017/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが保育園から借りてきたので一緒に読みました。
    最初は3人組の泥棒が3つの道具を武器に金品を盗んでいきました。
    「なんでこしょうなの?」と子どもに聞かれたりしながらも読んでいくと、ティファニーちゃんという孤児と出会ったのをきっかけに、孤児を救済する3人組に変わっていきました。
    ティファニーちゃんを大事にかかえて隠れ家へ連れて行く3人組はどんなきもちだったのかな〜と想像させられました。
    暗めの色合いの中にオレンジ系の赤が生え、独特の雰囲気のあるお話でした。

    掲載日:2016/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作絵本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳

    表紙と題名が不思議なこの本。娘が赤ちゃんのころから気になっていて、先日やっと、4歳の娘に読みました。やはり、良作とされるものは良いですね。
    前半は不気味な感じでものものしいストーリー、これで怖いものに興味しんしんの子どもはひきつけられます。そして後半は予想も出来ない展開に。いやぁ、おもしろかったです。なんのために人はひたすらお金を求めるのでしょうね。ま、いいものを持ちたかったり老後の資金として必要なのもあるんですけどね。
    一回目の反応は薄かったので、あまり好きじゃないのかなと思っていたら、何回も「もう一回読んで」と持ってきます。ストーリーも理解しているようです。4歳まで読むのを待ってよかったと思っています。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいい泥棒たち

    外国版ねずみ小僧的な
    悪党なのに善人
    泥棒が主役の絵本ははじめてで息子は衝撃だったようです
    とても印象に残ったようで、
    次の日
    ○○してくれんかったら、おおまさかりでまっぷたつにするよ!
    とおどされてびっくりしました(笑)
    お絵描きでもおおまさかりを描いて喜んでました
    おおまさかり、こしょうふきつけ…
    等のネーミングもおもしろいし
    黒と青の色合わせもかっこよくて印象的
    デザイン的にもとてもオシャレで素敵
    日本語も美して端的な文章で読みやすかったです。

    掲載日:2015/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変わる3人組

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    泥棒3人組のお話。有名絵本ですが初めて読みました。
    最初のほうは泥棒に使う道具紹介や泥棒(強盗!?)シーンなどでちょっと怖かったです。
    小さな女の子と出会ってからはガラッと変わりますね。
    今まで集めたお宝を孤児たちのために…というのはなかなかできることではないと思います。盗品っていうのが個人的にはやはりひっかかりますが…。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大胆な翻訳

    暗闇の中で光る三人の泥棒の鋭い目。1人はまさかりまで持っていて、とっても怖い絵なのに題名が『すてきな三にんぐみ』ときたら、誰もが興味が湧いて手にとってしまうでしょう。
    でも原題は「THE THREE ROBBERS (三人の泥棒)」なんですね。
    それを「すてきな三にんぐみ」と訳した大胆さに脱帽!
    三人は最後まで黒マントと黒い帽子から素顔を現そうとしませんが、ティファニーちゃんを大事に抱えている姿はとても優しいです。
    泥棒は悪いことだよ、と教えられるのではなく、優しい泥棒のお話をお父さんからプレゼントしてもらった作者の娘さんは、きっと懐の深い大人になった事と思います。

    掲載日:2015/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怪しき魅力のあるイラスト

    • 沙樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳

    使う予定はないけどお宝集めをする3人の盗賊が、
    ある日襲った馬車に乗っていた孤児のティファニーちゃん
    がキッカケでお城を買い、孤児を集めて生活することになったお話。

    年中組の息子が幼稚園で読んでもらって、
    家でも読みたいというので図書館から借りてきて読みました。

    ちょっと怖い雰囲気のある絵が
    ドキドキ感を誘います。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな?

    表紙からして、「すてき?」と疑問いっぱいになりそうな絵本です。
    この絵本を見るたびに思い出す、忘れられないエピソードがあります。
    年長のクラスでこの絵本を読んだときに疑問を投げかけた子どもがいました。
    「すてきじゃないよね?いいことしても、人のものを取ったらダメだよね?」
    その一言で、議論となりました。
    「かわいそうな人にあげてるんだから、いい人だよ」
    「取ったものもらっても、うれしくないよ」
    みんなそれぞれに言い分があるようでした。
    子どもたちがとまどっているのを見ると「この絵本を読まないほうがよかったんじゃないか。泥棒をしてもいいと、変な認識を持ってはいないだろうか」と、はじめは後悔しましたが、何日かたつと、この絵本を読んでよかったと実感しました。
    みんなそれぞれに、自分の意見を伝えようとする力がついたと思ったからです。
    本当にすてきなのか、と聞かれれば、大人の私でも答えに詰まりますが、子どもたちはきちんと筋立てて、どうしてそう思うのかを伝えようとしていました。
    「すてきないい人だ」と言った子どもも、「でも、泥棒はダメだよね」と、善悪はきちんと理解していました。
    子どもたちに善悪を考える機会を与える、すてきな絵本だと思いました。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロングセラー

    とっても有名なロングセラーの絵本。
    黒マントに黒ぼうしの三人組、表紙の怖そうな絵から、「すてきな三にんぐみ」というタイトルが、どうも気になっていた1冊です。

    最初も不気味な感じが、怖いお話かと思いきや、ティファニーちゃんとの出会いからの急展開。
    子供達は、面白かった〜と「もう1回」のアンコール。

    なるほど、「すてきな三にんぐみ」確かにそうでした。納得です。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な話

    4歳の長女が「幸せの絵本2」を見て気になってた本です。

    私は表紙から判断して、なんとなく怖そうだし男の子用かな?と思っていました。でも、書店で見つけた長女が「これがいい!」「絶対これ!」と離さなかったので購入しました。

    でも、この絵本は買って大正解。怖い泥棒3人が小さな女の子の一言で優しい3人になっちゃうんです。

    中を読むと絵も何だか素敵だし、物語もほんと素敵で、長女に感謝です。素敵な絵本に出会えました。

    自分で選んだ本だからか、「読んで」と持ってくることがかなり多いです。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「すてきな三にんぐみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


人気絵本『にたものランド』のクリスマス版。プレゼントにも♪

みんなの声(258人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット